教材紹介

都麦出版TOPページ > 社会の要点〔歴史〕上・下

社会の要点〔歴史〕上・下

社会の要点〔世界地理〕

塾専用教材の中に,社会科のものはたくさんありますが,限られた紙面の中にたくさんの情報を詰め込まなければならないため,全体的に字や絵がぎっしりと詰まったものが多いようです。

そこで,社会科が苦手な生徒は,それを見ただけでその教材での勉強を敬遠してしまいがちです。
本書はそのような問題を根本から解決するよう作られました。そのポイントは次の3つです。

@年表や図をできるだけ大きくし,見やすいものにする。
A扱う内容は,最も大切なことだけに絞り,学習の負担をできるだけ軽いものにする。
B覚え方の工夫やイラストをふんだんに取り入れ,楽しく学習できるものにする。
以上を心がけて開発した結果生まれたのが本書です。

A4判・1色刷り
本文128P(上)
本文136P(下)
別冊解答集付き

教材サンプルページへ

1.読むだけで「歴史の流れ」が頭に入る本文構成

分かりやすい歴史のテキストのポイントは,「読んだだけで歴史の大まかな流れがつかめるか」にあります。本書は,「これだけは,つかんでおきたい」という事項を厳選してとりあげ,それをわかりやすい文章で解説しています。そのため,歴史の流れをよくつかむことができ,歴史が得意な生徒を育てます。

2.見やすい年表や親しみやすいイラストや漫画

本書に掲載されている年表は,事実と事実との関連や外国との関係などが,直感的にわかるように工夫されています。そのため,年表を見るだけで大まかな歴史の流れをつかむことができます。また,親しみやすいイラストや漫画も歴史好きな生徒をつくる手助けをします。

3.「3回書き込み学習」を通じ重要事項を完全暗記

社会科の成績向上の鍵は,重要事項の完全暗記です。本書では,その完全暗記を図るために,「本文中のなぞり書き→右ページのTRYの記入→チェックシートの記入」と合計3回書かせる方式をとっています。これにより完全暗記が可能になり,社会科の成績を大幅にアップさせます。

4.最新の資料や入試問題を徹底分析して作られた実戦的テキスト

本文の内容は2016年発行の改訂教科書をベースにした最新版です。また,本書の練習問題は全国から集めた定期試験問題や入試問題を取り入れて作成されています。さらに,今後の入試での出題が予想される記述式問題にも対応しています。そのため,これ一冊をやり遂げれば,定期テスト対策はもとより,入試への土台固めにも十分役立ちます。

1.個別指導や家庭学習用のテキストとして

このテキストの特長は,生徒が家庭で自学自習できるようになっていることです。生徒に個別に与え,本文は家庭内で自学自習させ,塾では,チェックシートや基礎確認問題,実力アップ問題などを中心に指導してはいかがでしょうか。

2.入試対策用の基本テキストとして

中1,中2の学年では,社会の指導まで手が回らないという塾様もあることでしょう。また中3からの途中入塾生の中には中1,中2で学んだ歴史の基本がほとんど身についていない生徒も多いものです。本書は,内容的には基本を固めるためのものですが,入試に出やすいところなどを意識して編集しています。そのため,入試対策学習の前段階の教材として利用できます。中3生の家庭学習用の教材として,歴史の苦手な生徒に個別に持たせるのもよいでしょう。