社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

「働く」ということ(1)

2010年04月21日

4月に入って街で新入社員と思われる人をよく見かけます。

さて、だれにとっても大切な「働く」ということはどういうことを
意味しているのでしょうか。

ある人の考え方によると、働きによる給与は「物質給」と「精神給」
に分かれるそうです。

「物質給」は主に金銭のことをさします。働きに応じて金額が決ま
りますが、その多寡には限りがあります。「物質給」の対局が「精
神給」です。これは仕事を通じて約束される能力の向上や、人に喜
ばれるなどの精神的な満足感などがあります。その他にも、立派に
仕事を成し遂げることによって得られる信用であるとか、次の仕事
をもらうことができる原動力となる期待感などもあるでしょう。