社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

老いては「好き」にしたがえ!

2023年09月27日

当時は芸人としての絶頂期でしたから,事務所からは「仕事を減らして,好き好んで何で痛い思いをしてまでそんな無謀な賭けをするの?」と不思議がられました。当時は2年先まで仕事が詰まっていたそうですが,その先の保証はありません。彼は「4年,5年先を見据えると,今から変えていかないと間に合わない」と考えたそうです。そして激しいトレーニングの結果,見事ライセンスを取得したのです。

老いては「好き」にしたがえ!

2023年09月26日

例えば,33才の時に始めたボクシング。

当時の彼は,テレビなどで売れていて,そんな芸人がよく陥るように,テレビの本番の後には夜遅くまで飲み歩いたりする,荒れた生活を送っていました。当然体形も酷いもので,自己嫌悪に陥っていました。そんな彼がボクサーのライセンス取得を目指したのです。

老いては「好き」にしたがえ!

2023年09月25日

私も,もうかなりな年になってきたので,今後のことをいろいろと考えてしまいます。そんな時,『老いては「好き」にしたがえ!』という本に出会い,読んでみました。著者は芸人で,近年では俳優としても活躍されている片岡鶴太郎氏です。彼は芸人や俳優としてだけでなく,画家としても有名なのは知っていましたが,それ以外にもいろいろなことに挑戦している姿を知り驚きました。

良かった探し

2023年09月22日

このように考えていくと,私たちは日々「良かった探し」を意識して生きることが大切であると考えられます。このアニメがヒットしたのは,毎回のストーリーが人間の本質を突き,人として生きるべき指針を示していたからかもしれません。

良かった探し

2023年09月21日

どんな生物でも自分の命を守るために,脳は「ネガティブ思考」になっているようです。つまり,絶えず悪い方に,悪い方にと考えてしまう思考法です。生徒や子どもなどに対して,良いところよりも悪いところが目につき,それをすぐに指摘したくなるというのも,その一例です。人の欠点は修行や努力や勉強などしなくても容易に見えます。つまり,人の悪いところばかり目が行くのは,まだまだ未熟な人間だということになります。一方,「人の良いところ」は大脳新皮質の脳で感じるものなので,人間性を磨く修行をしないうちは見えてきません。

良かった探し

2023年09月20日

その時にカギとなる言葉が,牧師であった父の遺言である「良かった探し」です。良かった探しとは,どんなに辛い目にあっても,ゲームのようにしてその中から「良かったこと」「プラスなこと」を探し続け,それを楽しむというものです。このアニメが放映された頃には,私の子どもたちはまだ小学生でしたが,この「良かった探し」は当時の子どもたちにも大きな影響を与えました。

良かった探し

2023年09月19日

ずいぶん古い話になりますが,1986年に「愛少女ポリアンナ物語」というアニメが,毎週テレビで放映され人気を博していました。この物語では,少女ポリアンナが父を亡くして孤児となり,辛い目にあったり,叔母のひどい仕打ちに涙したりしながらも,明るく元気に生き抜いていく有様が描かれていました。

百年の藍

2023年09月15日

私はこの445ページもある物語をお盆休みの3日間ほどを費やして読破しようと,読み始めました。ところが,あまりの面白さに一気に1日で読み切ってしまいました。久々に面白い小説を読むことができました。ご興味のある方は,ぜひご一読をお勧めします。特に故郷が岡山の方は,より楽しめることだろうと感じました。

百年の藍

2023年09月14日

その後,場面は岡山に移り,太平洋戦争,戦後のどさくさ,と移り,その激動の中で登場人物たちの波乱万丈の人生が展開されます。そして最後は阪神淡路大震災の場面を経て,クライマックスとなります。

百年の藍

2023年09月13日

この物語は岡山出身の主人公が,東京の浅草で関東大震災に遭遇する場面から始まります。そこでの配給品として配られた中に,アメリカから贈られてきたジーンズがあり,主人公はその青の美しさに感動します。