社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

マコなり社長

2020年05月29日

そして、このコロナ騒動で少し時間にも余裕ができたので、それらを少しずつ観てみたいと思います。以下、5つを紹介します。
第5位「きっと、うまくいく!」
インド映画です。思いがけない奇跡の結末を自分の未来と重ねたくなるようです。

マコなり社長

2020年05月28日

この動画は、普段はビジネスに関する話がほとんどだそうですが、ある日、「観るだけで人生が『好転』する映画TOP5」というテーマでお勧めの映画を紹介していたそうです。私は出張中の新幹線の中などでは「プライム・ビデオ」を利用して映画を観ています。

マコなり社長

2020年05月27日

国内最大級のプログラミングスクールを運営する真子就有(まこゆきなり)さんは、「マコなり社長」という名前でユーチューブの動画を配信しています。
私は、この方のことを「日本講演新聞」で知りました。そして、その動画を見て驚きました。とても早口で頭の回転が速く、おっしゃっていることも的を射たものでした。

語源を知る楽しみ

2020年05月26日

そして、京都より西の地方では、その逆になるそうです。今は何でも東京が中心ですが、こんなところに「京都千年の歴史」が残っているのですね。
私は京都出身者ではありませんが、これを知って、何かうれしい気持ちになりました。身近に釣りの好きな人がおられたら、これらの話題を持ち出せば、話が盛り上がるかもしれませんね。

語源を知る楽しみ

2020年05月25日

驚かされるのは「上(のぼ)り潮」と「下(くだ)り潮」という言葉です。鉄道などでは、東京に向かう方向が「上り」ですが、釣りの世界ではその方向が「京都」なのです。そのため、東日本では、西に向かって流れるのが「上り潮」で、東へ向かうのが「下り潮」になります。

語源を知る楽しみ

2020年05月22日

また、釣り船に乗っていて何人かの仕掛けが絡んでしまったときは、「オマツリ」と言います。そうなると、それを解くために大変な騒ぎになります。「オマツリ」は、その様子を「お祭り」に例えたところからきているようです。

語源を知る楽しみ

2020年05月21日

例えば、その日に目的の魚が釣れなかったとき、「今日はボウズになってしまった」などと言います。この「ボウズ」は、「お坊さん」のことではなく、「ボウズ頭(はげ頭)」 のことからきているようです。「ボウズ→毛がない→魚っ気がなく一尾も釣れない」という感じだそうです。

語源を知る楽しみ

2020年05月20日

私は好奇心旺盛な方で、いろいろな趣味を持っています。「釣り」もその一つです。このような季節には日本海などに出かけて、いろいろな魚を釣ってみたいものです。
釣りには、いろいろな「釣り用語」というものがあります。

やまとことば

2020年05月19日

このように、私達が何気なく使っている言葉の中には、千年以上も前から使われてきた「やまとことば」がたくさん残っています。そういう言葉には、呪文,祈り,おまじないの意味が含まれているので、英語には訳せないというわけです。
最近、若者同士では「あざっす」などの言葉が使われています。「やまとことば」は神様が日本人に与えて下さった、自分の身を守る祝詞(のりと)みたいなものだそうです。そのようなことから考えれば、「あざっす」ではなく、相手に対し丁寧に「ありがとうございます」と伝えた方が良いのかも知れません。

やまとことば

2020年05月18日

それは、玄関に入って「ただいま」と言うと、その瞬間、外で付けてきた「穢(けが)れ」をポーンと払い落とせるそうです。つまり、「ただいま」という言葉は穢れを落とす呪文の意味合いも持つようです。だから、帰っても家に誰も居ないとわかっていても、玄関に入ったら大きな声で「ただいま」と言うと良いそうです。

やまとことば

2020年05月15日

そして「行ってきます」は、「行ったら必ず帰ってきます」という約束をする言葉です。
「ただいま」はどうでしょうか。「ただいま」の意味は、もちろん「ただ今ここに戻ってきました」という意味です。そして、「おかえり」は「よく帰ってきたね。よかった、よかった」という意味が込められています。さらに「ただいま」には、別の意味も含まれているようです。

やまとことば

2020年05月14日

「行ってきます」→「行ってらっしゃい」,「ただいま」→「おかえり」は循環を表している言葉だそうです。「行ってらっしゃい」は、「行ったら必ず帰っていらっしゃい」という祈りの言葉であり、「見送る挨拶」というよりも、相手の無事を祈る気持ちが言葉になったものだそうです。

やまとことば

2020年05月13日

最近私は、(一社)やまとの智恵実践協会代表理事である、辻中 公(きみ)氏の講演ダイジェスト文を読みました。
日本語には、外国語には訳し難い「行ってらっしゃい」とか「ただいま」などの言葉があります。それらの言葉には、どんな意味が秘められているのでしょうか。

靴とマスク

2020年05月12日

それは、今やマスクは感染防止の域を超えて、コロナに立ち向かう国民の「団結のシンボル」という役割も果たしているのではないか、ということです。過去の歴史からみても、いざというとき、日本人は一致団結の力を発揮してきました。日本人なら今回のこの難局も、その力を発揮して乗り越えていけるだろうと思っています。

靴とマスク

2020年05月11日

今回、台湾は見事にコロナを封じ込めましたが、その要因の1つには、このような国民性もあるのでは、と感じました。日本でもほとんどの人がマスクをつけるようになりました。「マスクをつけても感染防止には役立たない」という意見もありますが、多くの人々がマスクをつけるのは、別の意味合いもあるのではないでしょうか。

靴とマスク

2020年05月08日

それは、「台湾では、日頃から健康維持に心掛けている人が多い」ということです。例えば、食堂に行ってもお酒をのまない人が多く、のんでもたしなむ程度である人ばかりなのに驚きました。(特に私はよくのむ方なので(笑)。) 次に、「日本と同じか、それ以上にマスクをしている人が多い」ということにも驚きました。これも台湾の人は日頃から健康に留意している証なのではないかと感じました。

靴とマスク

2020年05月07日

しかし外国では、その靴は部屋の中まで侵入しますから、家中にウイルスが蔓延することになるでしょう。私は、このような文化の違いもコロナの蔓延に影響しているように思っています。
さて、マスクについてはどうでしょうか。私は何年か前に台湾に行ったときに、驚いたことがあります。