社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

すべての人に英会話を

2021年10月22日

この時,もし話し手が日本語脳から英語脳に切り替えることができれば,「僕は/会ったよ/マリコに/あるレストランで/祇園にある」という感じの文章が浮かび,”I met Mariko at a restaurant in Gion.”と正しい英文を作ることができます。つまり,日本語の語順は,「周りの方から話し始めて,だんだんと中心に向かっていく」ような感じです。一方,英語は,「まず大切なことを先に述べて,次にだんだんと周りに広げながらそれを説明していく」ような感じです。つまり,先程の文章で言えば,「僕は→(どうしたの?)→会ったよ→(誰と?)→マリコに→(どこで?)→あるレストランで→(どこにある?)→祇園にある。」という感じです。

すべての人に英会話を

2021年10月21日

私は英文をスラスラと書いたり話したりするために一番大切なことは,「英語を学ぶときは日本語脳を捨て,英語脳に切り替えること」だと思っています。例えば,「僕は/マリコに/祇園にある/あるレストランで/会った」という日本語を英語に直すとします。もし,話し手が日本語脳のままなら,”I Mariko in Gion at a restaurant met.”のような英語になってしまいます。

すべての人に英会話を

2021年10月20日

従来の英文法は「英文を訳読すること」を目標としてきました。一方,氏が主張する英文法は,(私共も従来から提唱してきた)「英文は同時通訳の人が行っているように,前から理解していく」というフレーズ・リーディング的な手法です。さらに氏は,「話すための文法の核は語順である」と述べています。これについても私共も大賛成で,当社の「スーパー英語」でも「ステップ式英語」でも,あえて「英語の語順トレーニング」のページを,テキストの始めの部分に導入しています。

すべての人に英会話を

2021年10月19日

2021年10月11日の日経新聞の夕刊に,東洋学園大学教授 大西泰斗(ひろと)氏の「すべての人に英会話を」という文章が載っていました。氏はNHK「ラジオ英会話」も担当する人気講師です。氏は英会話を学ぶのには,「まず文法から」と主張しています。ただし,その文法とは伝統的な学校文法とは少し異なります。

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月18日

この「笑わせ方の基本」を知れば,色々な場面で人を笑わせることができます。道を歩いていて,バナナの皮をわざと踏んでステンと転べば,それは「道を何気なくスタスタ歩く」という普通の『概念』が,「ステンと転ぶ」という『現実との不一致』を作り出すわけです。それを見て,周りの人は笑うことでしょう。少し理屈っぽい話になってしまい恐縮ですが,このように「何事も『その本質』を追求する」ことは,私にとっては楽しい時間となっています。

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月15日

例を挙げて説明しましょう。「チャップリンの消防夫」という映画では,消防車のタンクの栓をひねると,コーヒーが出てくるという場面があります。このシーンでほとんどの人は笑います。それは「火を消すため」というのが消防車の「概念」であるにもかかわらず,それが「コーヒーメーカー」という「現実」となって現れるからです。人々はその「不一致」に対して笑うというわけです。

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月14日

そんな苦しい環境の中でも,チャップリンは読書だけは欠かさなかったそうです。そしてその中から,笑いの本質についても掴んでいったのです。何とそのヒントは,ドイツの哲学者であるショーペンハウアーの著書から得たようです。ショーペンハウアーは「笑いというものは,ある『概念』とそれから類推される『現実との不一致』から生まれる」と定義しました。チャップリンはそれを知り,「自分が追求していることを言葉にすれば,その通りだ!」と納得したようです。

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月13日

例えば「独裁者」では,大いに人を笑わせるとともに,笑いの中に思考があり,その思考が笑いを奥深くさせます。では,今の人々をも笑わせることができるチャップリンという「笑いの芸術家」は,どのような「体験」と「勉強」を経て生まれたのでしょうか。チャップリンは幼少時代,食うや食わずの極貧の生活の中で育ちました。

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月12日

チャップリンは人を笑わせる本質を掴んでいるため,私たちを今から90年も前に作られた「街の灯」「モダン・タイムス」「独裁者」などの映画を通じて,大いに笑わせることができます。その笑わせ方は,よくテレビなどで見かけるお笑い芸人の一部がする「人を叩いたり,バカにしたりするようなやり方」とは質が違います。

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月11日

皆様は「人はどんな時に笑うのか?」ということについて考えたことはおありですか。この本質を追求して,それを理解し,応用できるようになれば,皆様は人を簡単に笑わせることができるようになります。そしてそれを自由自在に使いこなせば,たちどころに人気者になれることでしょう。

それを極めた一人がチャールズ・チャップリン(1889〜1977)です。

自分の健康な体に感謝!

2021年10月08日

今まで私は,「そんなことは当たり前のことだろう」と考えていましたが,そんな指摘をされると,とてつもない肛門の機能に尊敬の念すら抱くようになりました。とかく日陰者で嫌われやすい肛門ですが,これからはもっと大切にしてあげねばと痛感しました。さらに,自分の体の全てに対し,もっと労りの気持ちをもち,ケアしていかねばと気持ちを新たにしました。今日は晴天,これから外出です。日焼け止めをしっかり塗り,サングラスをかけて元気に出発しましょう!

自分の健康な体に感謝!

2021年10月07日

健康な肛門は,精密機械のようによくできた臓器であり,「下りてきたのは固体か液体か,はたまた気体か」ということを瞬時に見分けることができます。さらに,固体と気体が同時に下りてきたときには,「固体を直腸内に残したまま,気体のみを体外に排出する」というような離れ業も披露できます。

自分の健康な体に感謝!

2021年10月06日

健康な人ならば,「これから体外へ発射されようとしているのは,空砲である。だから周りの人に悟られないように,うまく処理しよう」などと考えて行動することでしょう。しかし,肛門の機能が落ちてしまわれた方はこの区別がつかず,ともかくトイレに行かねばならないそうです。すると,トイレに行く回数が増え,生活はとても不便になるようです。これではゆっくりと眠ることすらできず,オムツの装着も視野に入れねばなりません。

自分の健康な体に感謝!

2021年10月05日

私自身も,暴飲暴食をしたり,無理な生活をして体の調子を崩してしまったときなど,「大切な体を授けて下さったSomething Greatに対し,申し訳ない」と猛反省します。さてみなさんは,何かのきっかけで肛門の手術を受け,肛門の機能が落ちてしまわれた方の悩みをご存じでしょうか。それは「『実弾(便)』と『空砲(おなら)』の区別がつかない」ということです。

自分の健康な体に感謝!

2021年10月04日

尾籠な話で恐縮とは充分理解しつつ,しかし,あまりに驚異的な人体の機能の素晴らしさに感動したので,あえて話題にします。それは「とてつもない肛門の機能」についてです。(不快に思われる方は,ここで読むのをストップして下さい。なお,このお話も前回に引き続いて,山本健人著『すばらしい人体』を参考にしています。)よく「自分の体は両親やご先祖様,さらにはSomething Greatからの借り物なので,大切に扱いなさい」などとも言われます。

「なぜ?」の大切さ

2021年10月01日

手術のときには,血液や内臓の「赤系統の色」を見がちです。そんなとき,もしシーツやガウンの色が「白色」だったらどうなるでしょう。医師が視線を内臓から白のシーツに移したとします。するとそこには「赤色」の補色である「青緑色」の残像がちらついてしまいます。そこで,それによる視野の妨害と目の疲れを軽減するために,青緑に近い色のガウンやシーツが使われているそうです。何事も「なぜ?」と探求してみるのも大切だと感じます。