社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

すべての人に英会話を

2021年10月22日

この時,もし話し手が日本語脳から英語脳に切り替えることができれば,「僕は/会ったよ/マリコに/あるレストランで/祇園にある」という感じの文章が浮かび,”I met Mariko at a restaurant in Gion.”と正しい英文を作ることができます。つまり,日本語の語順は,「周りの方から話し始めて,だんだんと中心に向かっていく」ような感じです。一方,英語は,「まず大切なことを先に述べて,次にだんだんと周りに広げながらそれを説明していく」ような感じです。つまり,先程の文章で言えば,「僕は→(どうしたの?)→会ったよ→(誰と?)→マリコに→(どこで?)→あるレストランで→(どこにある?)→祇園にある。」という感じです。