スタッフブログ!つむぎ内・外よもやま話

背割堤の桜並木

2019年04月15日  文責:平野

4月に入り早2週間が過ぎましたが、弊社の近辺の桜はまだなんとか美しい姿を保っているもの、そろそろ葉の方が目立ってきているもの、いろいろです。今年の桜便りはさて、どこにしよう?と迷いつつ、ここ数年行きたいと思いつつもなかなか行けなかった、八幡市の淀川河川公園背割堤へ思い切って行ってきました。木津川と宇治川を分ける背割堤には川沿いに約220本のソメイヨシノが立ち並び、毎年この時期には1.4kmに渡って桜のトンネルを楽しむことができます。2017年には展望塔を有した「さくらであい館」もオープンし、上空からも桜のトンネルを楽しめるようになりました。この日はちょうど桜祭りの真っ最中で、お天気も絶好のお花見日和だったため、それはそれは大勢の人で賑わっていました。土手の斜面や、遊歩道の脇の原っぱでは、みなさんシートを敷いてお弁当を広げたり昼寝をしたりと、満開の桜の下でのどかな春の一日を満喫していました。しかしこの桜も、やはり昨年の台風21号のもたらした暴風雨のため、20本以上の木が被害を受けたとのこと。所々、やむを得ず根っこごと抜かれて、不自然に間が空いてしまっていたり、枝を切られている木などが目につきました。また、こういうイベントではいつも大量にでるゴミの処理が問題になりますが、ここにはゴミ箱は一切ありませんでした。ではゴミを捨てたいときはどうするかというと、会場内で販売されている有料のゴミ袋(可燃・不燃各1枚百円!)を購入しなければなりません。それがイヤなら持って帰ってねということのようです。確かにお祭りなどでよく見られる、ゴミ箱にゴミが山積みになって溢れているような光景は、美しい桜並木にふさわしくないもの。よく考えられたシステムだなぁと感心しました。
写真はこちら
https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190415.html

同志社大学と梅の花

2019年03月04日  文責:平野

昨年の今頃は、北野天満宮の梅の花もまだまだ蕾が固く、見頃は随分後だったように記憶していますが、今年はやはり暖冬なのでしょうか?京都のあちらこちらで、梅の便りが聞かれるようになりました。今回は私の通勤路になっている、同志社大学のキャンパス内にある梅の花をご紹介したいと思います。同志社大学と言えば、関西の私立大学の中ではトップクラスであり、最近では卒業生の芸人さんがクイズ番組で活躍したりして、ご存じの方も多いのではないでしょうか。また、6年程前の大河ドラマ「八重の桜」では、創始者である新島襄の妻、八重が主人公として描かれたことでも一躍有名になりました。新島襄は幕末の激動期、国禁を犯して脱国し、約10年間にわたりアメリカ、ヨーロッパで学びました。そしてキリスト教の洗礼を受けて帰国し、明治8年、京都の地に前身となる同志社英学校を設立しました。この、当時としては珍しいキリスト教の精神に基づいた教育は、現在でも新島襄の建学の精神とともに、学生が学ぶべきカリキュラムの一貫として、組み込まれています。キャンパスの敷地内には歴史を感じさせる重厚なレンガ造りの校舎が建ち並び、スケッチブックやキャンバスに写生をする方を見かけることもあります。また、いたるところにベンチが設置されており、学生達が楽しげにおしゃべりに興じたり、静かに読書を楽しんだりと、みなそれぞれキャンパスライフを満喫しているようです。昔、何かの本で読んだのですが、良い大学の条件の一つに、学生が授業以外の時間にも校内に居場所があることが挙げられるそうです。そういう意味でもこの同志社大学は、良い大学と言えるのかもしれません。
写真はこちら:
 https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190304.html

いのしし神社(護王神社)

2019年01月24日  文責:平野

新しい年が明けてすでに半月以上。遅ればせながら、今年も都麦出版をよろしくお願いいたします。さて、今年はいのしし年ということで、初詣はいのししに因み護王神社へ行ってきました。護王神社がいのしし神社として親しまれるようになった由来は、奈良時代の末期に起こった道鏡事件までさかのぼります。この道鏡事件とは、当時法王となり権勢をふるっていた僧・弓削道鏡が、「道鏡を天皇にせよ。」というご神託が、九州の宇佐八幡宮であったとして、天皇になろうと企んだことを指します。護王神社の主祭神の御一柱である和気清麻呂公は称徳天皇のご命令で、そのご神託が真実であるかを確かめるために、宇佐八幡宮へ赴き、ご神託が偽物であったことを天皇にご報告されました。こうして清麻呂公のご活躍により道鏡の野望はくじかれましたが、道鏡の怒りを買った清麻呂公は、姉君の和気広虫姫とともに大隅国(今の鹿児島県)へ流されてしまいました。その時、足の腱を切られ、足萎えで立つこともできなくなっていた清麻呂公の前に、突然山の中から300頭ものいのししが現れ、清麻呂公を守って道案内をしました。その後足萎えは不思議と治り、立って歩けるようになったという故事から、護王神社は足腰の守護神として、広く崇敬されているそうです。そのため、境内には狛犬ならぬ狛いのししが鎮座され、手水場にもいのしし、絵馬所にもいのししと、たくさんのいのししの像を目にしました。私も清麻呂公にあやかって、いのしし様のご加護を得られるよう、お参りがついつい長くなってしまったのでした。
写真はこちら↓
https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190124.html

安楽寺の紅葉とカフェ

2018年12月19日  文責:平野

今年の秋は、急に冷え込んだと思えば、日中は汗ばむくらいの陽気になったりして、気温の乱高下に振り回されました。そのためか、京都の紅葉の色づきも、例年とは少し違うように見受けられました。またそれは、この夏の猛暑や、度重なる台風によるダメージが原因とも言われています。しかし何はともあれ、少しでもきれいな秋の京都をご紹介すべく、今回は哲学の道界隈にある「住蓮山安楽寺」へ行ってきました。ここは浄土宗を開いた法然上人の弟子であった住蓮上人と安楽上人を開基とします。もともとはここからさらに東へ1kmほどのところにあった「鹿ヶ谷草庵」が始まりといわれ、承元の法難のきっかけとなった、松虫姫・鈴虫姫剃髪の場でもあります。このことを知った後鳥羽上皇は激怒し、両上人は処刑、その師である法然上人や、親鸞聖人までもが遠国へ流罪とされたそうです。その後、庵は荒廃しましたが、流刑地から戻られた法然上人が両上人の菩提を弔うため、草庵を復興するよう命ぜられ両上人のお名前から「住蓮山安楽寺」と名付けられたそうです。こちらでは春と秋のお花の時期にあわせて、庭園をはじめ、本堂・書院の一般公開が行われています。お庭は小さいながらも美しく整えられており、東山の山並みを借景として見事でした。またこちらのお寺は本堂と木廊下でつながった、フリースペース「椛(もみじ)」があり、お寺の公開をしている日を中心にカフェスペースとして開放されています。木と土がふんだんに使われており、室内もゆったりとしたソファ席や、畳にちゃぶ台のスペースもあり、部屋の真ん中には今では珍しい囲炉裏が置かれて、炭が赤々と燃えていました。哲学の道は何と言っても春の桜が見事ではありますが、疎水沿いには楓の木もあり、近くにはこれまた超が付くほど有名な「秋はもみじの永観堂」もあり、春だけじゃもったいない!と思いました。
写真はこちら
https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/201812.html

花の天井(平岡八幡宮)

2018年11月06日  文責:平野

少しお休みをいただいております間に季節も進み、すっかり秋めいてきました。朝晩と日中の寒暖差で、体調など崩されてはおられないでしょうか。私は今回、平岡八幡宮の特別拝観、「花の天井」を見に行ってきました。平岡八幡宮は、京都の中でも紅葉の名所として名高い高雄山・神護寺の守護として、弘法大師(空海)が平安時代初期に創建された山城国最古の八幡宮だそうです。室町時代に火災により焼失しましたが、時の将軍、足利義満により再建されました。また、江戸時代には仁孝天皇の命により社殿が修復され、現在の姿に整備されたそうです。そして、この本殿の内陣天井に描かれた「花の天井」が、毎年春と秋の二回公開されます。マス目状の木天井には四十四枚の極彩色の花絵が描かれており、その美しさはとても江戸時代に描かれたものとは思えない鮮やかさでした。また、こちらは椿が殊に有名で、故事に記載のある白玉椿伝説(願い事をすると白玉椿が一夜で開花し、願い事が成就したという伝説)が伝わっており、境内の至る所に様々な種類の椿の木がありました。中でも葉の先が金魚の尾ひれのような形になる珍しい種類もあり、驚きました。残念ながらこの季節は花の盛りとはいきませんでしたが、紅葉や桜も美しいと聞き、また次の機会が楽しみになりました。
写真はこちら
 https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20181106.html

迎え鐘

2018年08月29日  文責:平野

今年の夏は全国で異常ともいえる暑さとなっておりますが、皆さま熱中症などで体調を崩されてはおられませんでしょうか。また、お盆休みはゆっくりと過ごされましたでしょうか。私もお盆に入る前にお墓参りを済ませ、ご先祖様をお迎えするための迎え鐘を撞きに行ってきました。

京都ではお盆にご先祖様の精霊をお迎えするために撞く「迎え鐘」があります。有名なのは六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)で、平安時代の宮廷官人、小野篁(おののたかむら)が毎夜この寺にある井戸から地獄へ通い、閻魔大王にお仕えしていたという伝説のあるお寺です。こちらの鐘は古来より、その音響が十萬億土の冥土にまで届くと信じられ、亡くなった人はその響きに応じてこの世に呼びよせられるといわれているそうです。

ただ、有名なだけに人出も半端ではなく、鐘を撞くまでには某テーマパークのアトラクションなみに並ばなければなりません。そこで同じく迎え鐘を撞ける、千本ゑんま堂(引接寺(いんじょうじ))へ行ってみました。こちらはご本尊が閻魔法王様で、とても大きな像が安置されていました。平安時代の朱雀大路北側に位置し、「化野(あだしの)」「鳥辺野(とりべの)」と並び篁卿(たかむらきょう)が定めた平安京三大葬送地の一つ「蓮台野(れんだいの)」の入り口にあたるため、現在でも多くの石仏群が出土するそうです。

実は恥ずかしながら、ただ鐘を撞けば良いのかと思っていたのですが、ちゃんとお迎えの仕方があるそうで、皆さんご先祖様の名前を書いた水塔婆(みずとうば)を手に、きちんとお参りされた後、鐘を撞いておられました。そんな中、自分の不勉強を恥じつつ、でもちゃっかり鐘だけは撞いてきた私なのでした(笑)。
写真はこちら
https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20180829.html

夏越の大祓

2018年07月13日  文責:平野

今年は梅雨明けが早く、いよいよ暑い夏がやってきます。その前に「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」で、半年間の厄を落としに行ってきました。これは記紀神話に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)を起源としており、6月30日に多くの神社にて行われる厄除け神事です。

今回私が行ったのは蹴鞠で有名な白峯神宮。時は折しもサッカーワールドカップの真っ最中。境内には日本代表への応援メッセージを書くボードが設置されていたり、横断幕が掲げられていたりと、応援ムード一色でした。

そのような中、鳥居をくぐると正面にこの時期だけ見られる「茅の輪」が設置されていました。この夏越の大祓の儀式ではまず、半紙に包まれた紙製の人形(ひとがた)と清めの紙吹雪をいただき、宮司さんが大祓詞を唱えます。そして包みを開けて、中の人形で身体の良くない所をさすり、息を三回吹きかけます。こうして体に溜まった半年間の穢れを人形に移したら、それを宮司さんが回収してくださり、厳重にしまわれたうえお焚き上げされます。ただ昔はお焚き上げではなく、近くを流れる堀川へ流して清めたそうです。そのあと宮司さんの先導で、みんな一列になり茅の輪をくぐります。これにはやり方があり、輪の中を左回り、右回り、また左回りと八の字に三回通って、穢れを祓うのです。

そして、最後においしい厄払いをもう一つ。京都には「夏越の祓」の日に食べる、伝統的な和菓子があります。「水無月」と呼ばれ、三角形のういろうの上に、邪気を祓う小豆がのったお菓子で、三角形は削りたての氷を表しています。昔、冷房も冷蔵庫もない時代、宮中では冬にできた氷を氷室に貯蔵しておき、そこから切り出した氷を口にして夏を健康に過ごせるよう祈ったそうです。しかし庶民にとって氷は高嶺の花。そこで氷をかたどった三角形の生地に厄除けの小豆を散らしたお菓子が作られたそうです。「水無月」は庶民の氷への憧れから生まれた銘菓なのですね。
https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20180713.html

【お役立ち情報】「ことばの名人」は高校生にも有効!!

2018年07月06日  文責:川口

今回は「ことばの名人」についてご紹介します。

この教材は,高校入試で出たことばの問題を集めたテキストで,
収録しているのは,四字熟語,ことわざ,慣用句など多岐にわたります。
端的に言えば,語彙力を強化するための教材です。

1回あたりの問題(1ページ)は10分程度で解けるため,
授業の導入に使うことができます。
また,ページをめくると解答と解説がありますので,
生徒さんご自身での自学自習が十分可能です。

全30回分(60ページ)と,短期間のうちに語彙不足を解消でき
そのまま国語の長文読解などにも役立てることができる教材です。
(詳しくはこちら↓)
https://www.tsumugi.ne.jp/books/book_kotoba.html

ここで,さらに特筆すべき特長を。

語彙を増やす,に主眼を置いた教材は他にも散見されるところですが,
この「ことばの名人」では,徒に「ことば」を増やすのではなく
それをしっかりと使えるレベルまで押し上げることも大きな目的としています。
いわば,応用力の養成です。

それを可能にしているのが,「家庭学習用課題」のコーナー。
「家庭学習用課題」サンプルはこちら
各回の終わり,ページの下半分に添付画像のような問題が掲載されております。
ここでは前ページで学習したことばを使って,自力で作文することを強いるのです。

(1)日常あなたにとって「わずらわしい」とはどんなことか。

先の画像にもありますが,例えばこの問い。

「酒席が増えるので,週末がくるのがわずらわしい。」

私の場合はこうした答えでしょうか。
はい,嘘です。実際はお誘いがあれば,間髪入れず飛んで参ります。(笑)

それはさておき,このように習得したことばを実際に使うことで
自分のものにしていくプロセスが,ここにあります。

話は少し飛びますが,先日,ある教材の展示会場で
「ことばの名人」を長年ご愛用いただいているという先生にお会いしました。

その先生も「家庭学習用課題」が大のお気に入りで
これがあるからこの教材をずっと使っている,とまで仰っていました。
また,先生の学習塾では,「中学生ではなく高校生にこの教材をやらせている」
というのも新鮮でした。
先生が仰るに,
「語彙力を上げるには,ひたすら叩き込んだものを自分の力でアウトプットする必要がある。
身に付いた語句を,自分の言葉として使わせるのがこのコーナーのすごさ。
また高校生ともなると,しっかり考える作業をするので
ちゃんと自分の言葉で書けるという側面もある。
この教材はかなり思考力を要するので,
私のところでは高校生にこそフィットするように感じる」
ということでした。
先生の塾の高校生たちは,この教材で語彙力をかなり上げているのだそうです。

展示会場でお会いする先生の中には,確かに「少し難しいね」と評される方もおられますので
このように対象を上げるというご使用法にはなるほどと思わされました。

ちょうどこれからの季節に活躍する教材ですので,
興味を持たれた先生は,是非,サンプルページもご確認くださいませ。
(↓)
https://www.tsumugi.ne.jp/pdf/kotoba.pdf

KAWA CAFE

2018年06月21日  文責:平野

梅雨に入り、鬱陶しいお天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。今年も京都・鴨川では“床”が始まりました。そこで、昨年ご紹介したスターバックスに続き、今年も気軽に床気分が楽しめるカフェを見つけましたので、ご紹介します。そこは京都五花街の一つ、宮川町にあるその名も“KAWA CAFE”。1Fがお食事、2Fがカフェになっていて、床は1Fにありました。今回私はカフェの利用でしたので2F席だったのですが、2Fも鴨川に面した大きなガラス窓に沿って席が設けられており、開け放たれた窓からの心地よい風を感じながらお茶がいただけました。観光客で賑わう四条通からは少し離れているためか、ランチの時間を外して行ったのが良かったのか、それほど混んでおらず、貴重な梅雨の晴れ間の休日を楽しむことができました。
写真はこちら:
https://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20180621.html

【お役立ち情報】「つむぎセミナー2018」受講者募集!

2018年06月18日  文責:川口

いつも弊社教材をご愛顧いただきまして,ありがとうございます。

さて,弊社では,以下の日時で「つむぎセミナー2018」を
開催する運びとなりました。

このセミナーの趣旨を下部に掲載しておりますので,
ご興味を持たれた方は,以下のページよりメールにて受講をお申し込みください。
https://www.tsumugi.ne.jp/pdf/tsumugi2018.pdf

〔日時〕
東京:9月9日(日)13:00〜15:00
大阪:9月16日(日)13:30〜15:30

〔会場〕
東京:品川シーズンテラスカンファレンス

https://www.sst-c.com/access/index.html

大阪:新大阪丸ビル 別館 貸会議室
https://marubiru-bekkan.com/access.php

以上,よろしくお願いいたします。
_________________________________

「つむぎセミナー2018」開催にあたり

               都麦出版 代表 鳥居実

今,英語の四技能などに注目が集まっていますが,
果たしてその追求が,生徒の全科目にわたる学力向上に
直結するのでしょうか。

英語学習において,「まず文中の主語と述語を見つけ,
次にその英文の内容を理解する」ことは必須技能ですが,
肝心となる主語,述語さえわからない生徒もたくさんいます。
その根本的な問題点は「国語力の不足」だと私共は考えます。
「国語は全ての科目の基礎で,国語力や論理的思考を高めれば,
全ての科目の成績を引き上げることができる」
とよく言われます。
私共は,その追求こそが学力向上の鍵となると考えます。

ズバリ,その国語力の向上を追求して大きな成果を挙げているのが,
東京都世田谷区にある「Kip学伸」という個人塾です。
その成果の秘密は,独自の指導法と長年にわたって
作り上げてきたオリジナルテキストの使用にあります。

このセミナーでは,その指導法をKip学伸の塾長自らが特別に公開します。
また,そのテキストについては,私共が,
どの塾様にもご利用いただけるよう,さらに手を加えました。
そして,来年一月「ろんりde国語」〈ホップ〉〈ステップ〉〈ジャンプ〉
という書名で三冊同時に発刊します。

このセミナーの受講は無料です。
また,来場者全員にそのうちの一冊〈ホップ〉を無料でプレゼント致します。
会場の定員には限りがございますので,
受講をご希望の方はお早めにお申し込みください。