社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月13日

例えば「独裁者」では,大いに人を笑わせるとともに,笑いの中に思考があり,その思考が笑いを奥深くさせます。では,今の人々をも笑わせることができるチャップリンという「笑いの芸術家」は,どのような「体験」と「勉強」を経て生まれたのでしょうか。チャップリンは幼少時代,食うや食わずの極貧の生活の中で育ちました。