社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

人はどんな時に笑うのか?

2021年10月18日

この「笑わせ方の基本」を知れば,色々な場面で人を笑わせることができます。道を歩いていて,バナナの皮をわざと踏んでステンと転べば,それは「道を何気なくスタスタ歩く」という普通の『概念』が,「ステンと転ぶ」という『現実との不一致』を作り出すわけです。それを見て,周りの人は笑うことでしょう。少し理屈っぽい話になってしまい恐縮ですが,このように「何事も『その本質』を追求する」ことは,私にとっては楽しい時間となっています。