社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

自分の思いが伝わる「ものの言い方」

2016年01月05日

そして最後は依頼です。「せめて甘い物を食べる量を今の半分にしてくれないだろうか?」という感じです。
いかがでしょうか。このように「観察」→「感情」→「欲求」→「依頼」という4つのステップを踏んでコミュニケーションをとっていくと、感情的な対立が起きることなく、相手も聞く耳をもってくれるのではないでしょうか。