社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

日本の子ども達をとりまく憂慮すべき環境

2019年07月05日

しかし、現代は620回と、6分の1に減り、時間でみると51分から11分となっているそうです。そう言われてみると、昔の武士の顔は、エラが張った人が多いように感じますが、それも咀嚼回数に関係がありそうです。
噛むことの健康効果は数多くあるようで、それを分かりやすく伝えるために、学校食事研究会が「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語を作ったそうです。