社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

野口雨情と「シャボン玉」

2019年09月13日

皆様の中にも「赤いくつ」(異国の地にもらわれて行った女の子のことを謳った歌)や「七つの子」(カラスの愛を謳った歌)をお聞きになった方も多いことでしょう。雨情は、東京専門学校(現在の早稲田大学)にいたころから詩を書いていましたが、さっぱり芽が出ませんでした。詩人になることをあきらめて、他の仕事に就いてもうまくいかず、失意のどん底にいました。