社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

『あふれでたのはやさしさだった』

2020年02月07日

本当は、誰もが愛されたいし、愛したい。人間って、本当はいい生き物なんだ、と著者は気付きます。詳しくは本書に譲りますが、私は、最近読んだ本の中でも、とびきりこの本に感動しました。そして、是非、子どもの教育に関わる全ての人(父母、学校の教師、塾の講師の方々など)に、読んでほしいものだと感じました。