社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

『あふれでたのはやさしさだった』

2020年02月14日

しかし、絶えず「みんなにできることが、あなたにはどうしてできないの」と言われ続けると、自己肯定感がどんどん低くなり、それが、引きこもり、自傷、家庭内暴力、非行などにつながっていきます。このようなことは、大なり小なり、どの子どもにも当てはまるのではないでしょうか。例えば、中学入試を目指している裕福な家庭の子どもの中にもあるかもしれません。
今回の文章は、特に長くなってしまい恐縮ですが、私はこの本から、ここではとうてい言い尽くせないほど多くのことを、考えさせられました。