社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

サル化する世界

2020年04月16日

内田氏は、この言葉を「『今さえよければ、自分さえよければそれでいい』という考え方をする人たちが主人公になった歴史的過程」ととらえています。私はそれを知って、「何てわかりやすい定義なのか」と感心してしまいました。例えば、この言葉を「日本の政治の中のかなり多くの決断が『ポピュリズム化』しているのではないか」などと使うと、「ポピュリズム」の意味がとても鮮明になります。