社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

サル化する世界

2020年04月17日

このように、今の世の中では、「今さえよければ、自分さえよければそれでいい」と思って進められていることが多いように思います。そのため、「将来のことを考えると、今は多少の痛みを伴っても、断固として次のようにすべきである」と主張し、それが実行されるということがなくなってきていると感じられます。