社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

来年度からの中学教科書

2020年06月24日

今私たちは、来年度の新教科書の分析を始めています。全体的に、知識を覚え込んでいくということより、「なぜそうなるか?」を考えさせる傾向が強まっています。但し、学習内容は以前より増えているので教科書のページ数も増え、生徒の負担はますます大きくなっています。