社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

新傾向の数学の入試問題

2020年10月05日

こんな感じでしょうか。これからは、このような頭の使い方ができる人が求められることでしょう。
最近の子どもたちは、そういう力が衰えているのではないか、と新井紀子氏が『AI vs.教科書が読めない子どもたち』の中で述べています。この本は正にそのようなポイントを突いたものであると思います。
私の出した結論としては、「映像やリモートの授業の追求も大切だが、『筋道を立てて考える力』の育成を考えることも重要だ」というものです。
手前みそで恐縮ですが、小社が出している『ろんりde国語』は、年々じわじわと部数を伸ばしています。この背景には、「論理的思考力を小学生のうちから育成しよう」と考える方が少しずつ増えていることがあるのかもしれません。