社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

四分位範囲と箱ひげ図

2020年10月15日

いかがでしょうか。技術開発を進める会社などでは、このような手法による分析や判断が今後ますます大切になってくることでしょう。また中学生にとって、機械的に解くことのできる方程式の問題などよりも、このような問題の方が「考える力」や「分析力」が身につくことでしょう。