社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

自転車と戦国時代

2021年01月06日

氏が大阪府堺市を旅したとき、レンタサイクル店に置いてある自転車の充実度と豊富さに驚いたそうです。堺市というと、戦国時代に多くの火縄銃が生産されたことで有名です。それから時代が下って、明治の初め頃、日本に自転車が伝わってきました。その時の自転車はとても高価でしたが、よく故障したそうです。でも国内に修理できる人はいませんでした。そんな中、自転車の修理や部品作り、そして自転車作りを手掛けたのが堺の元鉄砲職人だったそうです。戦国時代からの金属加工の技術が、ここで生かされたそうです。