社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

「魔法のe」

2021年02月05日

もう少し例を出しましょう。〈kit〉は〈ク・イ・トゥ〉で〈キット〉ですが、〈kite〉は〈ク・アイ・トゥ〉で〈カイト〉です。同様に〈sit〉は〈スィット〉で、〈site〉は〈サイト〉です。
さらにこのルールは、母音の〈i〉だけでなく、他の母音も同様です。〈pet〉は〈ペット〉だが、〈pete〉は〈ピート〉。〈cut〉は〈カット〉だが、〈cute〉は〈キュート〉。〈mat〉は〈マット〉だが、〈mate〉は〈メイト〉。