社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

「一流の頭脳」

2021年03月30日

この本も「スマホ脳」と同じく、原始人と現代人の比較にも触れています。今や原始時代から1万2千年もたっていますが、「私たちの身体は動くのに適したつくりになっていることには変らない」そうです。しかし、現代人は原始時代の人々に比べ歩いたり走ったりすることは極端に減っています。著者はこの点に着目し、世界中のありとあらゆる研究論文を調べ「脳と運動」の関連性を追求しています。結論めいたことを大雑把に述べれば、「速歩やジョギングを生活に取り入れれば、脳の働きは良くなると同時に、鬱病などの改善にも役立つ」ということです。