社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

『の』の使い方で作文が上達!

2021年05月13日

日本講演新聞で、コラムニスト・スピーチライターひきたよしあき氏の講演ダイジェスト文を読み、「なるほど!」と思いました。
それは「『の』をうまく使うと作文が上手になる」というものです。
氏は仕事で何千という子どもの作文を読んでいます。うまい作文とは、文章がうまいとか、構成がいいとかよりも、「着眼点がいい」ことのようです。