社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

なぜ日本語には外来語が多いのか?

2022年01月07日

例えば,フランス語に日本語の「げた(geta)」という言葉が入るときのことを考えてみましょう。このようなとき,フランスでは「“げた”は男が履くものだから,男性名詞である」という見解と,「いや“geta”はaで終わる言葉だから,女性名詞である」という見解がぶつかって,共通認識がなかなか定まらず,その言葉が従来からあるフランス語の中に入りにくいという事情があります。