社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

効果を上げるこれからの英語の指導法

2022年03月24日

英語学習においては,リスニングやスピーキングも大切ですが,最終的に英語力を試されるのは「英作文」です。そしてそれを裏付けるかのように,入試でも英作文の出題比率が高まっています。また,英語を学んだ生徒たちが将来的に英米人との片言英語を楽しむ程度の関わり合いをもつだけなら,ブロークン英語の修得だけでも事足りることでしょう。しかし,将来ビジネス上での商談や,学術研究の論文発表などのシーンでも英語を使いたいという人においては,冠詞の使い方や三単元のsなども正確に使いこなせる英語力が求められます。そのためには,片言英語ではなく,自分でしっかりと正確な英文を作れる能力を獲得しておくことが求められます。