社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

憲法の話

2022年05月23日

それを防ぐためには,契約書を作ることで,その契約書が憲法です。つまり,国家権力が乱用されないよう憲法という「檻」で国民を守っているわけです。「権力は憲法のワクの中で適切に使って下さい。檻から出ないで下さい」と明記されているのが,憲法99条の「憲法を尊重し,擁護する義務を負ふ」となります。