社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

雑草は草刈りをしてもなぜまた生えてくる?

2022年07月27日

土の中の種子に光が当たるということは,ライバルとなる地上の植物が取り去られたことを意味します。それを察知したシードバンクは,一斉に芽を出し始めるというわけです。これではいくら草取りをしても雑草はなくならないわけですね。

このような作戦を知って私は,この作戦はビジネスにおいても重要で,大いに使うべきではないかと感じました。