社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

バングラデシュ人の物語

2022年08月18日

氏は,既に日本で働いていた兄さんを頼って,日本の大学に留学する決意をしました。そのためのビザを発行してもらうのも大変な苦労です。また,日本への入国に際しては,日本人の保証人が必要で,大学に進学するための試験に合格できなければビザの延長はなく,残された道は強制送還か日本での不法滞在です。そのようなギリギリのとき,氏を助け,身元保証人になってくれる人が現れます。その後,多額な入学金の支払いやアルバイト先での苦しい試練を乗り越え,氏は日本での生活を続けます。