社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

秀吉の中国大返し

2022年08月22日

1582年6月2日の早朝,明智光秀は主君の織田信長を本能寺にて討ちました。信長はその日,秀吉が攻める備中高松城(現在の岡山県岡山市北区)に向けて,出発する予定でした。一説によれば,秀吉がこの悲報を知ったのは6月3日の夜で,秀吉は悲嘆に暮れつつも主君の仇を討つことを決意し,毛利方と講和を結び,6月5日の午後,2万人の大軍を率いて京都に進発したとのことです。そこから秀吉は備中高松から,京都の山崎(京都府乙訓郡)まで約220kmの行程を,8日間で踏破し,6月13日,山崎の戦いで明智軍に大勝して天下取りの道を走り始めました。