社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

恐るべき植物の知恵

2022年09月21日

一面の草原がセイタカアワダチソウだらけになってしまうと,セイタカアワダチソウが出す有毒物質は,自らの発芽や成長をも蝕んでしまいます。ついにはセイタカアワダチソウは自家中毒を起こし,衰退していきました。最近では一時ほどのセイタカアワダチソウの大繁殖が見られないのは,以上のような原因が考えられます。