社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

「見る」と「観る」

2022年11月30日

ところが昨今ではどうでしょうか。

うまく物事が進まないときに使う場合の「やばい」は,本来の使われ方でしょうが,今食べているお菓子が美味しい時にも「このお菓子,やばい!」などと使われます。

つまり,昨今使われている「やばい」は,「自分が思っていた基準や,こうありたいと思う姿とのギャップを感じる場合に使う言葉」という感じでしょうか。日常,そのような場面はいくらでもあるので,何でも「やばい」で済ますことができてしまいます。