社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

夫婦のトリセツ

2023年01月13日

前者のケースで言えば,妻は「悲しい気持ちを夫に共感して欲しい」という意味で話を切り出しているのに対し,夫は問題解決の方向で答えています。そこにギャップが生まれるのです。
だから,こんなとき夫は「そうなんだ,それは悲しかったね」などと,まず共感の言葉を発するべきなのです。

また後者のケースでは,女性脳にはわかりにくい感覚かもしれませんが,このようなとき夫は問題解決型の脳の働きを使い,心の中で次のように考えているものです。