社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

小学校英語の課題

2023年02月08日

2023年1月31日の日経新聞には,「小学校英語の課題」とうタイトルで神田外語大学教授の田中真紀子氏の論文が掲載されています。
※その論文の要旨は次の通りです。
(1)(日本語の習得過程を考えてもわかるように)言語の習得の順番は「聞く→話す→読む→書く」である。
(2)小学校英語では「英語が使える日本人」を目標としており,「聞く→話す」については問題ない。
(3)ここで注意が必要なのは「『読む』という技能は聞いたり話したりしているだけでは,決して習得できない」ということだ。
(4)そのために「読む」という技能を学校教育の中で丁寧に教える必要がある。そして,そのためには,フォニックス(文字と音の関係を理解させる指導)に時間をかけるべきで,これが欠けてしまった生徒は英語が読めず,その後の英語学習につまづいてしまう。
※以上のことから田中氏は,英語が読めない児童は,英語の音を表す文字が書けず,その結果,英語を書く技能も身につかないと述べておられます。