社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

食の大切さ

2023年03月23日

氏は気づかぬうちに,自分と自分の体の器官は別物であると考えていました。つまりそれは,「故障すれば薬か手術か最新テクノロジーで直し,栄養が足りなければサプリメントなどで外から補えばいい」というアメリカ人的発想です。その考えを聞いた中国医学のある医師は,呆れ返りながらも,薬を使わない徹底した腸内蘇生治療と,発酵食の摂取を提案しました。すると,それを実行して3カ月ほどで症状はピタリと収まり,健康を取り戻すことができました。その体験から氏は,「土壌も人間の腸も本来完璧に調和が取れており,乱せばその一部である私たちも必ず傷を負う」という考え方に確信を抱きました。