社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

首都圏の私立・国立中学校の受験状況

2023年04月25日

一つ目は,受験者層の変化です。一昔前では,一定の基礎学力がある子どもが偏差値の高い学校を目指すというものがほとんどでした。そしてその場合,親も勉強をつきっきりで手伝うという,専業主婦家庭がほとんどというスタイルでした。一方,現代の中学校受験では,一様に難関校を目指すというものではなく,子どもの学力に応じた進学校を探そうという動きになっています。つまり,それだけ受験者層が広がっているということです。