社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

苦難突破の秘策

2024年01月29日

皆さん,落語はお好きでしょうか。私はアマゾンプライムなどを利用して,落語をよく聴きます。落語はその内容と共に,話し方などがとても勉強になります。さて,落語家の中に,柳家花緑さんという方がおられます。彼は戦後最年少の22才にて真打に昇進しました。彼は,自身が「LD」という「学習障害」で,その中でも「ディスレクシア」という「識字障害」をもっていることを公表しています。また「ADHD」(注意欠如・多動性障害)の症状もあるとのことです。このため,小・中学生時代から大変な問題児として扱われてきました。では,勉強も全くできず,字の読み書きもできない花緑さんは,いったいどのようにして50才を越えた今まで,逞しく生き抜いてこられたのでしょうか。