社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

「あしたあおうよ」の心がけ

2024年03月27日

すると,この介入に対して子どもは激しく反発し,家庭内暴力や器物破壊行動につながることも少なくありません。しかし,これは子どもにとって,命綱を力づくで奪われるようなものだそうです。なぜなら,ひきこもりで昼夜逆転の状態にある子どもにとって,「死にたい」「自分は生きている価値があるのだろうか」などの不安から逃げることができる唯一の手段がゲームだからです。