新着情報・更新情報

お役立ち情報【2013/5/17】

2013年05月17日

.泪優奪ス証券は、祖父母が孫の教育資金を支援するときに1500万円まで非課税なったのを受け、専用の運用サービスを始める。実際に使われるまでの間、投資信託や個人向け国債など幅広い金融商品で運用できる仕組み。証券会社として同様のサービスを始めるのは初めて。証券投資になじみの薄かった客層を開拓する。

▲好沺璽肇侫ン(スマホ)などを使った家庭教師サービスのマナボ(東京・文京、三橋克仁社長)は今夏にも、地方都市の塾や予備校への売り込みに乗り出す。これまでは首都圏中心だったが、地方展開に向けサイバーエージェント・ベンチャーズ(同・港)のファンドからの投資などで3800万円を調達した。

E豕大学の清水明教授は毎年、「教科書の内容を理解できるならば講義に出なくていい」と宣言している。大学生にもっと勉強させようという風潮に逆行するかのような主張だが、そこには効率最優先の受験技術を学んできた学生の学習態度を改めさせる狙いがある。

こ惺擦寮萓犬里匹鵑覆箸海蹐好きか聞いたところ、1位は「明るい・元気がいい・前向き」だった。「学校に行くのが楽しくなる」(小学女子)のが主な理由だった。2、3位には「授業が面白い」「授業がわかりやすい」が続いた。

ヂ膤惻験の「駿台予備学校」を運営する学校法人の駿河台学園(東京・千代田)は2014年4月をめどに広島市に進出する。同法人としては中四国で初となる。難関大学の合格者実績が多く受験ニーズが旺盛と判断し、全体で500〜600人程度を収容できる校舎をつくる。大学全体の受験者数は伸び悩んでおり、生徒獲得を巡る競争が激しくなりそうだ。

お役立ち情報【2013/5/10】

2013年05月10日

.戰優奪札曄璽襯妊ングスが1日発表した2013年3月期決算は、連結純利益が前の期に比べ29%増え211億円だった。国内で通信教育「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」の会員数が増えた。老人ホームの入居者数の増加も収益を押し上げた。

教育サービス大手が介護施設の展開を加速する。学研グループは2014年度にサービス付き高齢者住宅の開設ペースを従来の2倍の年20棟程度にする。市進ホールディングス(HD)は今年7月、デイサービス(通所介護)事業に参入する。少子高齢化を受けて、子供向け教育事業のサービスノウハウや施設を有効活用し、伸び悩む教育事業の収益を補う。

E豕都立高校の不合格者が増え続けている。
 5年ほど前まで9千人前後だった全日制一般入試の不合格者数は、リーマン・ショック後の2009年に急増して1万1千人を超え、今年は1万2975人と、1万3千人の大台に迫っている。

こ慇犬グループで意見交換しながら自習できる「共同学習スペース」を設ける大学が増えている。関西でも新たに校舎を建てて開設するケースも相次ぐ。議論を通じて学習意欲を刺激するほか、コミュニケーション能力を磨いて就職活動に生かすのが狙いだ。