スタッフブログ!つむぎ内・外よもやま話

御霊祭(下御霊神社編)

2017年06月26日  文責:平野

前回、御霊神社(上御霊神社)のことを書きました。読んで下さった方の中には、「上御霊?だったら下御霊もあるの?」と思われた方もおられるのではないでしょうか?
そこで今回は、下御霊神社のお祭りをご紹介します。
こちらのお祭りは日にちが固定ではなく、5月の第3または第4土曜日に宵宮が、日曜日に本祭が行われます。両日は境内や前道の参道に露店が並び、多くの参拝客で賑わいます。宵宮では子供みこし、本祭では御神輿と、鳳輦方(ほうれんがた)と呼ばれる色とりどりの装束をつけた行列が、京都の中心部を東西に、ほぼ一日かけて練り歩きます。
下御霊神社のおこりは上御霊神社とほぼ同じで、はじめは上御霊神社のすぐ南にあったことから、御霊神社と呼ばれるようになったといわれています。(京都では北を上(かみ)、南を下(しも)と言います。また、北へ向かって行くことを「上(かみ)に上(あ)がる」、南に向かって行くことを「下(しも)に下(さ)がる」と言います。)
その後何度か社地を転々とし、安土桃山時代に豊臣秀吉の命により、現在の地に移転。古来より京都御所の産土神(うぶすながみ)として崇敬され、歴代天皇の行幸や祭りの御拝覧があったとのことです。
また、この神社は水がおいしいことでも有名で、「御香水」と呼ばれ、毎日多くの方が汲みに来られています。実はここから北へ約1km程行った所には、京都三名水の一つ「染井」を有する梨木神社があります。こちらでもおいしい水を求めて、連日大勢の方が汲みに来られていますが、もしかしたら同じ水脈なのかもしれません。
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/170626.html

もはや,「読み聞かせ」ではない

2017年06月21日  文責:川口

皆さまはよくご存じかと思うのですが,
現代の小学生向け国語辞典,素晴らしいですね。
すべての漢字にルビがふってあるもの,
漢字の書き順が載っているものなどはもはや定番。
なかには,漢字辞典のような立派な付録が付いているもの
国文法や,かなの成り立ちまで説明するコーナーのあるもの
子どもが大好きなキャラクターを配したものまで,
様々な工夫を凝らされたものがズラリと並んでいます。

散々迷った挙げ句に購入した真新しい辞書を息子に渡し
引き方を教えてみると,
早速,「葵まつり」を調べたいとのこと。さすが京都人です。
ただ,やはりというか,国語辞典の範疇外で
載っていたのは「葵」のみでしたが。(笑)
その辞典は,小さいながらも図版が豊富で,
「うわ,オオサンショウウオ,でっか!」などと
その後もページをめくっておりました。

その夜,寝る前の「今日の3冊」では,
嬉しそうに,「1冊はこの国語辞典にするわー」と言ってきた息子。
適当に開いたページにあることばを,調べ合って遊ぶのだとか。
もう,腱鞘炎になりそうです…。

もはや,「読み聞かせ」ではない

2017年06月19日  文責:川口

梅雨らしからぬ晴天続きで,
京都には珍しく,からっとした空気の日が続いています。

ご無沙汰のスタッフブログでしたが,我が息子も5才。
年長さんとなり,将来なりたいものも
「象,傘屋さん,忍者」というところから,
最近では「コックさん」と,なんだか現実的な夢になってきました。

もともと,字や本に興味をもっていましたが
今でも,妹に邪魔されながらも,黙々と没頭している姿を見ます。
いわゆるお話(物語)も好きですが,
今はそれ以上に,迷路や間違い探し,ことば遊びなど
自分も参加できるタイプの本に夢中です。

日課となった寝る前の「3冊読み聞かせ」も,読み聞かせるというより
一緒になって間違い探しをさせられるという
親としては,なかなか辛い時間に変貌しております。
(その手の本は判型が大きく重いうえ,間違い探しは睡魔との戦いです…)

以前,彼に「『空間』って何?」と訊かれてたじろいだ,
という話を載せたことがあります。
ことばの意味を訊いてくるのも相変わらずで,
妻などは,「それはお父さんに!」と半ば匙を投げる始末。
だから,というわけでもないのですが
先日,小学生向けの国語辞典を買い与えました。

御霊祭

2017年05月19日  文責:平野

初夏の京都ではあちらこちらの神社でお祭りが行われます。今回は京都洛中で最古の祭りと言われる、御霊祭をご紹介したいと思います。
御霊祭は、御霊神社(上御霊神社)で行われます。この神社は交差点を東に入ったどんつき(京都の言葉で「突き当たり」のことです!)にあります。毎年5月17日には宵宮が、18日には本祭が催されます。
両日とも交差点から神社までの参道と境内には露店が立ち並び、多くの参拝客で賑わいます。また、宵宮では威勢の良い奉納太鼓の演奏、翌日の本祭では三基の神輿をはじめ、稚児や八乙女、若武者などの行列が、氏子地域を練り歩きます。この神輿と行列は、東京遷都以前には京都御苑内にも巡行していましたが、東京遷都を期に途絶えていました。しかし2009年、氏子たちの強い願いから140年ぶりに復活しました。
この御霊神社のおこりは、桓武天皇が平安京の守り神として、崇道天皇(早良親王)のご神霊をおまつりされたことによります。当時は各地で天変地異や疫病が流行し、それを悲運の中で亡くなられた高貴の人々の祟りであるとして、その人々のご神霊を丁重におまつりすることによって、災いをなくそうという御霊信仰が生まれました。そのおまつりを御霊会(ごりょうえ)といいます。その時桓武天皇の勅命により、平安京の神泉苑にて行われた御霊会が、この御霊祭の起源であるといわれています。そして、京の夏祭りの多くは御霊会ですが(あの祇園祭も!!)、その全ての御霊会の発祥はこの御霊祭なのです。
また、この御霊神社は、かの有名な応仁の乱勃発の地でもあるそうで、学生の頃日本史の教科書に載っていた出来事が、この場所で実際に起こったと思うと、とても感慨深いものがあります。

(写真はこちら:  http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/170519.html )

【お役立ち情報】よくあるお問い合わせ(ステップ式数学)

2017年05月15日  文責:川口

今回は,弊社にお寄せいただくお問い合わせのなかで
特に多い「ステップ式数学」関連のものを一つご紹介させていただきます。

それは,ステップ式数学のテキストとチェックテストCD-ROMに記載されている
「版の違い」についてです。

現在,ステップ式数学(中1〜中3)のテキストは,「第3版」となっていますが,
チェックテスト CD-ROMは,「第2版」のまま販売しております。
従いまして,テキストが「第2版」から「第3版」に移る際,
内容が大幅に変わった単元では,テストの内容も変更しております。

変更になったチェックテストは,
こちらのページ(↓)よりダウンロードしていただく必要がございます。
http://www.tsumugi.ne.jp/stepcd/index.html

※ 上記のページでは「第3版」で変更になったテストのみを掲載していますので,それ以外のテストは,CD-ROM内のものをそのままお使いいただけます。
※「中2」では4つの単元で,「中3」では3つの単元でテストが変更になっております。また,「中3」では新設単元のテストが1つ加わっています。
※「中1」のテストに変更はありませんので,ダウンロードの必要もございません。

また,上記ページの下部には,
「目次(変更箇所)のダウンロード」という箇所がございます。
こちらをダウンロードいただきますと,
CD-ROMの「目次」に記載されている単元名や対象ページで
変更になったところをご確認いただけます。

以上,皆様方にはご不便とお手数をおかけしますが,何卒よろしくお願いいたします。

【お役立ち情報】ステップ式英語中1・リスニングCDに対応表が!

2017年04月21日  文責:川口

いつも弊社教材をご愛顧いただきまして,ありがとうございます。

さて,このスタッフブログ,
新たに「お役立ち情報」を掲載することになりました。
今までどおりブログは更新しつつ,教材をご愛用いただいている先生方の
お役に立ちそうな情報も発信しよう,という
タイトルそのままなコンセプトです(笑)

さて,その一回目は,
先日,塾の先生からいただいたご要望に関してです。

その主な内容が,こちら。

「『ステップ式英語中1・リスニングCD』を使用していますが,
目次のようなものはないのでしょうか?
教材本冊とCDとの対応関係がわからないので
改善してもらえないでしょうか?」

こちらのCD,ジャケットには
各ステップの基本文や基本単語の音声を収録している旨
書かれているのですが,
「教材〇〇〇ページに出てくる単語は,CDのトラック〇〇番」
といった具体的な対応関係は載っていません。

社内ですぐ協議したところ,
これは同様にお感じの先生も多いのではないか,と
CDと教材の対応表を作成することになりました。

※完成した対応表はこちらからダウンロードできます↓
http://www.tsumugi.ne.jp/books/book_step_e_listen.html

この対応表は,教材本冊の単元やページ番号を中央に,
CDのトラック名をその両側に配置しておりますので,
例えば,
「CDのトラック14はどの単元かな?」とか
「教材79ページの単語の音声はトラック何番かな?」といった
どちらの引き方でも使えるようにしております。

今まで,ご不便に感じていらっしゃった先生方,
大変申し訳ありませんでしたが,
こちらをダウンロードのうえ,ご活用いただけましたら幸いです。

「(対応表があると)生徒が迷わずにCDを聞くことができ
時間も短縮されて、授業を効率的に進めることができます」

ご指摘をいただいた先生より,後日,
こうした嬉しいお声もいただきました。

今後は,スタッフブログも交えながら,
このような最近のできごとや教材の具体的な使い方など,
少しでも先生方のお役に立てるような情報も
盛り込んでいければと考えております。

今後ともお付き合いの程,よろしくお願いいたします。

「ハム」の時代

2016年11月02日  文責:川口

大学時代の友人と,久しぶりに大文字山(如意ヶ岳)に登りました。

日頃の運動不足を痛感していたので,
友人からの突然の誘いには二つ返事で応じました。

さて,その友人。
学生時代は,「体育会」という雰囲気はなかったはずなのですが,
最近では,やれ自転車競技に出始めた,だの
走り始めた,だのと,会うたびに変貌を遂げている,
ちょっと何を目指しているのかよくわからない人です。

今回は,「トレイルランを始めた」とのこと。
アップダウンの激しい山道を走る競技のようです。
ただ,彼は単に移り気な人というわけではなく,
スポーツをする根っこに,「身体の使い方を極めていきたい」
という思いがあるようです。
専門書もかなり読み込んでいるようで,
興味深い話をいろいろと教えてくれました。

聴いていると,自分が陸上や野球をやっていた頃とは
スポーツ理論も随分と変わってきていて,
身体のすべてのパーツを意識的に,
自在に働かせる方法に主眼が置かれているようです。
特に,基本となるのが走り方や歩き方ですが,
それがスポーツに限らず,日常の姿勢や動きにもあてはまり,
腰痛や肩こりの予防などにもつながる,とのこと。

彼の言う歩き方に従い,重心の位置であるとか
身体の後ろ側の筋肉を使うことなどを意識しながら,
ほぼインストラクターと生徒といった関係で,登頂しました。

山頂で噴き出す汗をひたすら拭く傍らで,涼しげな彼曰く,
「これからはハムの時代やねん」。
そのハムとは,ファイターズのことではなく,
「ハムストリングス」のことで,
大腿部の後ろ側にある筋肉の総称。
つまりモモの裏側の筋肉を
意識的にしっかり働かすことができれば,
より自然で無駄のない身体の動きが可能になるそうです。

早速,彼に薦められた本を読んでいます。
人間の身体はそれぞれ数百にものぼる骨と筋肉によって
構成されているということや,
個々のパーツを動かすということへの意識もなかったので,
目から鱗な毎日です。

どうも店員っぽい私

2016年10月18日  文責:川口

秋風が心地よく,
時に冷ややかに感じられる季節となりました。
皆さま,いかがお過ごしでしょうか。

さて,先日のこと。
スーパーの電器具コーナーで
乾電池を探していたところ,
一見したところ外国人の中年女性から
「スミマセン!」
と声をかけられました。

この電球…,と言いかけて気付かれたようで,
「あ,店員さんじゃありませんでしたね。
シツレイしました…」
と丁寧に詫びられました。

ほかの方がどうなのかは不明ですが,
スーパーなどでお店の人と間違われることはよくあって,
もはや最近は驚かなくなりました。

こうしたケース以外にも,
スーパーの焼酎売り場で思案していた際には,
「…この焼酎,どうですかね?」
と,傍にいた男性から意見を求められることがありました。

その少しご年配の方が
自分を店員と思って話しかけたのか,
同じ一般客としての意見を求められたのかは
定かでありません。

ただ,乞われたからにはと,自分なりの感想と
併せて尋ねられたお薦めの芋焼酎をお伝えしました。
「それにします。ありがとう」
男性は,その川口推薦焼酎を1本買い物かごに入れ,
レジへ向かわれました。

これは一体…,と
さすがにこのときばかりは少し呆気にとられました。
と同時に,お薦めする1本が本当にあれで良かったのか,
もっと飲み口の軽いタイプの方がお好みではないか,
果たして今夜の晩酌で喜んでいただけるであろうか,などと
さまざまな不安が胸に押し寄せました。

ともあれ,エプロンもしていないのに
他のお客さんからよく声が掛かるというのは,
「こいつは店員だ」的な何か,を醸し出しているのでしょう。
いや,「こいつは店員ではないが,意見してくれそうだ」的な何か,
かもしれません。

きっと,販売員としての素養があるということだ。
最近では,そう自分を納得させています。

冷たく美味しい穢れ落とし

2016年08月05日  文責:川口

本厄真っ只中の私・川口ですが,
念願の厄払いに行って参りました。

といっても,特別にご祈祷をお願いしたとかではなく,
下鴨神社の神事,「みたらし〔御手洗〕祭り」に出掛けてきました。

この「みたらし祭り」,この地に40年も居ながら知らなかったのですが,
土用の丑の日に,神社境内に湧くお池(御手洗池)に足をつけることで
心身共に清め,無病息災を祈るというお祭り。
別名「足つけ神事」とも呼ばれ,
夏に流行することの多かった疫病を避けるため,厄払いしたことが起源だそうです。
ちなみに,「みたらし団子」の形も,
この御手洗の水の泡からきているのだとか。
ん〜,まさに歴史都市・京都。

さて,「足つけ」とはいいますが,
実際は,池の端から端まで,ゆっくりと歩いていきます。
水位は,優に大人のひざ上あたりまであって,意外と深い。
火のついたお供えのろうそくを持ちながら歩くことになるので,
自分のように,肩まで浸かるであろう2歳児を抱え,
ビデオカメラも片手に,という観光スタイルは
まったくお薦めできません。神事です,あくまで。

しかし,この御手洗池の水のまあ冷たいこと!
空から容赦なく降り注ぐ太陽光とのギャップが
あまりにも大きく,子どもらはキャッキャと大興奮です。
(神事です…あくまで)

ろうそくをお供えし,池から上がると
「ひとがた」ならぬ「あしがた」に名前を書いて
神水に浸け,お宮にお参りすれば完了です。

神社境内には出店も多く,なかなか賑わっていました。
帰りには,みたらし団子をいただいて,
子どもらも自分も大満足の厄払いとなりました。

フォンからホンへの移行期??

2016年07月22日  文責:川口

前回に引き続き,スマートフォンの話題です。

皆さん,「スマホ」「スマホ」と言っているので
もしや…と不安になり,「スマート『ホン』」の語を
ウェブサイトで検索してみました。

その結果がこちら。

・スマートホン
約 1,490,000 件
・スマートフォン
約 69,700,000 件

「スマートフォン」の圧勝でした。安心です。
しかし,略すと「スマフォ」じゃなく「スマホ」となる。不思議ですね。
試しに,
「俺,『スマフォ』使わせてもらえるようになってん」
と言ってみたところ,
「気持ち悪い」と妻に一蹴されました。

そういえば,今やすっかり出番の少なくなった「テレホンカード」。
あれも「テレフォンカード」とは言わず,
NTTのサイトでも「テレ『ホン』カード」として紹介されています。
イヤホンもイヤホンであって,
ヘッドホンもヘッドフォンと呼ばない。

もしかすると,日本では「phone=ホン」と呼ぶ流れがあるものの
まだ新語の域にあるスマートフォンについては,
略称だけが先行して「スマホ」になったのでは?
どうでしょうか,この仮説。

「スマートフォン」よりも「スマートホン」がメジャーとなった暁には,
このブログを思い出していただければ幸いです。(笑)