スタッフブログ!つむぎ内・外よもやま話

手作り黒豆きな粉

2017年09月20日  文責:平野

あれだけ暑かったのが嘘のように、朝夕はめっきり涼しくなり、秋らしくなりました。

「あー、もう夏も終わりだなぁ。」と思った途端、この夏かき氷を食べていないことに気が付き、さぁ大変!

京都でかき氷と言えば、たいてい期間は9月末まで。大慌てで雑誌のかき氷特集を読み直し、その中でも今回は錦市場の中にある、「黒豆茶庵北尾」さんへ行ってきました。

こちらは一階が黒豆の量り売りや、黒豆のお菓子などを売っていて、二階がお食事処となっています。靴を脱いで、二階に上がってびっくり!各テーブルの上には大きめの石臼が鎮座しておりました。実はこちらでは、お店自慢の黒豆をこの石臼で挽いて、自分できな粉を作ることができるのです。

せっかくなので、ぜひ体験したい!と思ったのですが、この体験が出来るのは、みたらし団子かわらび餅を注文しなければいけないとのこと。う〜ん、ならば両方いただきましょう!ということで、今回は黒蜜かき氷と、お団子の二本立てで注文してみました。

まずは温かい黒豆茶を出して頂き、その芳ばしい香りにほっこり。次にお盆に乗った黒豆と茶こしと刷毛が運ばれてきて、店員さんが丁寧に黒豆の挽き方を説明してくださいました。まず石臼の上に開いている穴に、黒豆を3〜4粒ずつ入れ、取っ手を握って反時計回りに臼を回します。すると、臼の隙間から出来立ての黒豆きな粉が出てきて、周りの溝に溜まっていきます。それを刷毛で集め、茶こしでふるって殻を取り除いたら出来上がり!

楽しくてついつい全ての黒豆を挽いてしまったら、思いのほか大量のきな粉が出来てしまい、お団子だけではなくかき氷にもかけて、美味しく頂きました。
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/170920.html

【お役立ち情報】文作りのスーパーサブ!(文作はかせ き◆

2017年09月13日  文責:川口

さすがの京都も朝晩の風が涼しく感じるようになりました。
皆さま,いかがお過ごしでしょうか。

今日は,短期の講習や,いわゆる「スキマ時間」でもお使いいただける
国語教材「文作はかせ」をご紹介したいと思います。

「『作文』という以前に,文章を見るのも嫌いだった子たちが
これだけは自ら進んでやってくれました。
教室に来る子だけじゃなく,自分の子にもさせたら
あっという間に,,皚△發笋辰舛磴い泙靴燭茵」

笑顔でそう仰っていたのは,この春に展示会場でお会いした先生。

そう,「文作はかせ」には,わくわくしながら,楽しみながら自分の能力を高められる―
そんな力があるのです。

ここで簡単な教材プロフィールを。
「文作はかせ」は,小学生を対象としています。
構成は,6ページで1つの単元(本書では「ゲート」と呼んでいます),これが8つあります。
さらにこの6ページは,2ページずつ
「1.ことば」→「2.短文」→「3.作文」というセクションに分かれています。

1.例:「ことば集め」…秋に関係することばを,できるだけたくさん書いてみましょう。
2.例:「あいうえお作文」…「たちつてと」で始まることばで,自由に文をつくってみましょう。
3.例:「ほらふき日記を書きましょう」…ありえない天気を考えてみましょう。

上記1〜3は,各セクションでの問いの一例ですが,
いきなり「文を書きましょう」ではなく,
素材(ことば)集めから始めて,それらを組み立てて書く(短文,作文)流れで構成されています。
これにより,子どもたちは無理なく書き進めることができます。
また,もう既にお分かりのように,書かせる内容はかなり自由です(笑)

以上の事柄により,子どもたちはわくわくしながら自発的に取り組み,
また無理のない自然な流れで文作りをマスターし,大きな達成感や自信を得ているようです。

ご使用に際しては,1コマ=50分の場合で1ゲート(6ページ),
1コマ=90分の場合で2ゲート(12ページ)を進度の目安とお考えください。

50分授業で想定しますと,
例えば土日のみ1コマずつをこれに充てられるとして,1か月間で1冊が終わります。
もちろん,短期集中講座で一気に1冊をやり遂げることも可能ですし,
2ページずつを10分〜15分程度,授業の導入にお使いただくこともできます。
国語教材のスーパーサブとして,状況に合わせ,柔軟にお使いいただけます。

最後に,文作はかせを使ってくれた子どもたちの作例を
ここでご紹介します。
教材の雰囲気を感じとっていただければ幸いです。

文作はかせ・作例


(「文作はかせ」については,こちらのページもご参考に↓)
http://www.tsumugi.ne.jp/books/book_bunsaku.html

大文字送り火

2017年08月24日  文責:平野

お盆も過ぎたというのに、まだまだ暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は京都の伝統的なお盆の行事、「五山送り火」についてご紹介したいと思います。

「五山送り火」とは、お盆にあの世から帰って来られたご先祖様の霊を、再びあの世へ送る、京都の夏の風物詩です。(中には「大文字焼き」と言われる方もおられますが、決して「山焼き」などではありません。)

毎年8月16日の午後8時に、まず東山・如意ヶ岳の大文字の「大」の字が点火されます。そして5分おきに、「妙法」「舟形」「左大文字」「鳥居」の順に火が着けられていきます。「妙法」以外の4ヶ所では、前日ぐらいから護摩木の受付があります。1本300円の志納金が必要ですが、もし身体に不調があれば、自分の名前と持病を記した護摩木を火床で焚くと、その病気が治るといわれています。

今年は父の初盆ということもあり、前日の15日に、家から一番近い大文字の護摩木受付所、銀閣寺前で護摩木を書いてきました。受付所のテントの脇には、墨と筆や黒マジックが置いてあり、大勢の方が思い思いに筆を走らせていました。私も護摩木を二本いただき、一本には父の安らかな成仏を、もう一本には月並みですが、家内安全を祈願しました。

さて当日。最近は夕方から夜にかけて、いわゆるゲリラ豪雨が多いため、昨年のようにどしゃ降りで見えないのでは、と心配していましたが、写真のように見事な大の字が浮かび上がりました。

家族揃って送り火を見ながらご先祖様の御霊(みたま)を送ることが出来るのをありがたく思いながら、京都の夏は過ぎていくのでした。
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20170824.html

鴨川納涼床

2017年07月25日  文責:平野

今年も京の夏の風物詩、鴨川納涼床が始まりました。

床でいただけるお料理というと、やはり京懐石などが多く、普段(いわゆる「褻(け)の日」ですね)行くには少々ハードルが高いというのが本音のところ。しかしお店によっては、5月と9月のみではありますが、昼間にランチの時間帯の営業もあるそうです。イタリアンやフレンチのお店などもあり、「一度行ってみたいけれど、いきなり夜のコースはちょっと・・・。」というような若い方に人気があるようです。また、お座敷ではなく、椅子とテーブルスタイルのお店も増えているとのこと。よりカジュアルに床を楽しめそうですね。

そんな中でも今回は、最も気軽に床が楽しめるお店として、「スターバックスコーヒー京都三条大橋店」をご紹介します。

三条大橋の西詰にあり、外観も雰囲気のある洋風の建物です。メニューやお値段も他の店舗と同じで、店内のお席でも、床のお席でも変わりません。(床を出している他のお店では、「床料」として別途料金が必要になるところもあるとか・・・。) ただこちらも昼間の床は、5月と9月のみとのこと。まぁ、京都の夏は「油照り(あぶらでり)」と言われるぐらい暑さが厳しいですので、仕方が無いかもしれません。ちなみに、床席で日傘をさすのはダメとのことでした。

暑さ厳しき折、皆さまくれぐれも体調など崩されませんよう、ご自愛下さいませ。

(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20170725.html

【お役立ち情報】「読解はかせ」に無料で使えるアイテムが新登場!

2017年07月15日  文責:川口

先日に引き続き,「読解はかせ」に関するニュースです。

このたび,「読解はかせ」に「探検ひとことメモ」という進度を管理する表ができ,
ご自由にダウンロードしていただけるようになりました。

※こちらからダウンロードできます↓
http://www.tsumugi.ne.jp/books/book_dokkai_list.html

「読解はかせ」は夏休みに集中して使われる塾さんが多いことからも
ラジオ体操のカードのような達成感が得られるものができないか,
というご意見をいただいたのが,作成のきっかけでした。

1.子どもがひとこと,感想のようなものを書けるもの
2.読み解いた回は,シールなどを貼って達成感が得られるもの
3.先生方や親御さんが確認して,チェックなり押印なりできる欄があるもの
このような内容で作成しました。

※「シールを貼る欄」は,特には設けていません。
確認欄にシールを貼っていただくも良し,回数(1〜45)の足跡のところに貼っていただくも良しと,
そこは自由にしております。

上,下,社会編と3種類ありますので,
お使いの教材の「探検ひとことメモ」をダウンロードのうえ
ご利用いただければと思います。

【お役立ち情報】「読解はかせ」活用術

2017年07月04日  文責:川口

さて,展示会場でお会いしたその先生のお話。

「読解はかせ」は授業では使用されず,持たせ教材として児童にさせ,
先生は答えの確認をなさっているとのこと。
また,各単元の「チャレンジ」をノートに書かせている,
と仰っていました。
子どもには全員,「読解はかせ」用に1冊ノートを用意され,
この「教材+ノート」のスタイルを始めてから,
小学生の力がかなり上がったということです。

その「チャレンジ」について。
「読解はかせ」では文章を読み解く問題とは別に,
そのテーマで扱った事柄に関連して,調べ学習を促すコーナーを設けています。

例えば,先に挙げたテーマのうち
・魚の赤身と白身のちがいは何なの?
という単元での「チャレンジ」は,以下のようになっています。

・カツオやイワシなどの魚を回遊魚といいます。この「回遊魚」について調べてみましょう。
・文章中にある魚の名前を漢字で書いてみましょう。また,ここに出ているもの以外についても調べてみましょう。

このような調べ学習が毎回付いていますので,
文章中で触れた知識を,より深め,広げることができます。
さらにその先生は,「チャレンジ」のみならず,
児童に「各テーマの要旨」を考えさせ,これもノートに書かせているそうです。

「チャレンジ」をノートにとることは小社でも推奨しているのですが,
それ以上に,教材を使い込んでくださっている様を伺え,非常に有難く思いました。

現在,「読解はかせ」をお使いの先生方,
また,これからのご使用をお考えの先生方は,
ノートを活用した学習も,是非ご検討くださいませ。

【お役立ち情報】「読解はかせ」活用術

2017年07月03日  文責:川口

今日は,「読解はかせ」をお使いの先生から
展示会場でお聴きした
効果的な活用法をお知らせしようと思います。

その前に,簡単に「読解はかせ」について
ご紹介させていただきます。
こちらは,その名の通り,国語の読解力を高めるための教材です。
対象としては,小学校4年生〜中学校2年生くらいのお子さんを
お使いいただける目安としています。
教材の見開き2ページに1話,子どもたちが興味をもったり
面白がって取り組めるテーマの説明文を掲載しています。

(テーマ例)
・がまんしたオナラは,どこへいくの?
・トンネルで耳がツーンとするのはなぜ?
・魚の赤身と白身のちがいは何なの?

お分かりいただけますように,これらの文章が
理科や社会と深く関わる「なぜ?」という疑問から発したもので,
先生方からは,「国語嫌いの子どもたちでも,能動的に取り組める」と
嬉しいお声をいただいております。
教科を超えて様々な知識を身につけることもでき,
根源的な「知る,わかることの喜び」を得られる教材ともいえます。

(↓サンプルページなど,教材の詳細はこちらで)
http://www.tsumugi.ne.jp/books/book_dokkai.html

御霊祭(下御霊神社編)

2017年06月26日  文責:平野

前回、御霊神社(上御霊神社)のことを書きました。読んで下さった方の中には、「上御霊?だったら下御霊もあるの?」と思われた方もおられるのではないでしょうか?
そこで今回は、下御霊神社のお祭りをご紹介します。
こちらのお祭りは日にちが固定ではなく、5月の第3または第4土曜日に宵宮が、日曜日に本祭が行われます。両日は境内や前道の参道に露店が並び、多くの参拝客で賑わいます。宵宮では子供みこし、本祭では御神輿と、鳳輦方(ほうれんがた)と呼ばれる色とりどりの装束をつけた行列が、京都の中心部を東西に、ほぼ一日かけて練り歩きます。
下御霊神社のおこりは上御霊神社とほぼ同じで、はじめは上御霊神社のすぐ南にあったことから、御霊神社と呼ばれるようになったといわれています。(京都では北を上(かみ)、南を下(しも)と言います。また、北へ向かって行くことを「上(かみ)に上(あ)がる」、南に向かって行くことを「下(しも)に下(さ)がる」と言います。)
その後何度か社地を転々とし、安土桃山時代に豊臣秀吉の命により、現在の地に移転。古来より京都御所の産土神(うぶすながみ)として崇敬され、歴代天皇の行幸や祭りの御拝覧があったとのことです。
また、この神社は水がおいしいことでも有名で、「御香水」と呼ばれ、毎日多くの方が汲みに来られています。実はここから北へ約1km程行った所には、京都三名水の一つ「染井」を有する梨木神社があります。こちらでもおいしい水を求めて、連日大勢の方が汲みに来られていますが、もしかしたら同じ水脈なのかもしれません。
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/170626.html

もはや,「読み聞かせ」ではない

2017年06月21日  文責:川口

皆さまはよくご存じかと思うのですが,
現代の小学生向け国語辞典,素晴らしいですね。
すべての漢字にルビがふってあるもの,
漢字の書き順が載っているものなどはもはや定番。
なかには,漢字辞典のような立派な付録が付いているもの
国文法や,かなの成り立ちまで説明するコーナーのあるもの
子どもが大好きなキャラクターを配したものまで,
様々な工夫を凝らされたものがズラリと並んでいます。

散々迷った挙げ句に購入した真新しい辞書を息子に渡し
引き方を教えてみると,
早速,「葵まつり」を調べたいとのこと。さすが京都人です。
ただ,やはりというか,国語辞典の範疇外で
載っていたのは「葵」のみでしたが。(笑)
その辞典は,小さいながらも図版が豊富で,
「うわ,オオサンショウウオ,でっか!」などと
その後もページをめくっておりました。

その夜,寝る前の「今日の3冊」では,
嬉しそうに,「1冊はこの国語辞典にするわー」と言ってきた息子。
適当に開いたページにあることばを,調べ合って遊ぶのだとか。
もう,腱鞘炎になりそうです…。

もはや,「読み聞かせ」ではない

2017年06月19日  文責:川口

梅雨らしからぬ晴天続きで,
京都には珍しく,からっとした空気の日が続いています。

ご無沙汰のスタッフブログでしたが,我が息子も5才。
年長さんとなり,将来なりたいものも
「象,傘屋さん,忍者」というところから,
最近では「コックさん」と,なんだか現実的な夢になってきました。

もともと,字や本に興味をもっていましたが
今でも,妹に邪魔されながらも,黙々と没頭している姿を見ます。
いわゆるお話(物語)も好きですが,
今はそれ以上に,迷路や間違い探し,ことば遊びなど
自分も参加できるタイプの本に夢中です。

日課となった寝る前の「3冊読み聞かせ」も,読み聞かせるというより
一緒になって間違い探しをさせられるという
親としては,なかなか辛い時間に変貌しております。
(その手の本は判型が大きく重いうえ,間違い探しは睡魔との戦いです…)

以前,彼に「『空間』って何?」と訊かれてたじろいだ,
という話を載せたことがあります。
ことばの意味を訊いてくるのも相変わらずで,
妻などは,「それはお父さんに!」と半ば匙を投げる始末。
だから,というわけでもないのですが
先日,小学生向けの国語辞典を買い与えました。