つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2019年05月29日

  ̄撚茲篷椶罵名になったビリギャルこと小林さやかさんは今春から大学院で教育学を学び始めました。進化を続ける小林さんに彼女自身の強みを聞くと、返ってきた答えは「出会い運」でした。メンターと呼べるような人たちに、これまでの人生で何人も巡り合っているといいます。年齢も職業もばらばらなメンターたち。1つだけ共通していることがあるそうです。それは「みんな目線が対等だということ。絶対に見下したりしないんです」。

進学や進級に伴う環境の変化に子供がすっかり慣れたように見えるこの時期こそ、心身には変化の影響が出やすい。親はどのようにケアすればよいか。子供は普段通りの生活でも、学校に行くだけで心のエネルギーを消耗している。子供のストレスケアに詳しい、かけい臨床心理相談室の掛井一徳さんの助言を紹介する。

オンラインに特化したプログラミング教室「TechAcademy(テックアカデミー)」を運営するキラメックスは教材の製作・販売を手がけるアークテックと組み、中高生向けのロボットプログラミング教育を2019年秋に始める。人工知能やロボット制御などに使われるプログラミング言語「Python(パイソン)」を教える。

学習塾「北大学力増進会」を運営する進学会ホールディングスは2019年度、1億円以上を投資して道内外で教室数を拡大する。今夏に道外の4都市で新たに教室を開き、札幌市や近郊の都市を中心に50教室以上を新規開設する。不採算の教室は統廃合を検討し、収益性を高める。

女子や多浪生らを一律に不利に扱う入試不正があった東京医科大の2019年度の医学部医学科の一般入試で、男女の合格率がほぼ同じになった。大学側は「不正な得点操作を排除した結果」と説明する。同年度の医学部入試では予備校関係者からは、他の私立大でも女子や多浪生が受かりやすくなったとの声が上がっている。

Α‐祿下圓了楡 アトリエ インカーブは、自身も障害当事者の今中博之さんが創り育てた「施設」だ。所属するアーティストは20〜30人。全員が社会の基準で言えば知的障害者。稼ぎ頭の寺尾勝広さんは二メートル四方の絵を2週間で描きあげる。その絵が海外で400万円で売れる。天才とも言える才能は教育では育まれない。「教育は邪魔です」と今中さんはきっぱりと言う。

А\こκ欸魑ヾ悄複廝硲蓮砲錬横菊、ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新たな依存症として正式認定した。スマートフォンなどの普及で問題が深刻化し、健康を害する懸念は強まっている。国際疾病分類でギャンブル依存症などと同じ精神疾患と位置付け、治療研究を後押しする。2022年1月から発効する。