つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2019年09月18日

 …命教育「Z会」の増進会ホールディングスと教育スタートアップのEduLab(エデュラボ)は英語の「話す」能力を自動採点する人工知能の共同研究を始める。増進会HDが実施する英語テストで集めた数万規模の音声データとその評価をエデュラボが解析し、話す能力を素早く正確に測定できるようにする。増進会HDは2018年12月にエデュラボに出資。3%強の株式を保有している。 

◆。横娃横映1月に初回がある大学入学共通テストで活用される英語民間試験について、全国高等学校長協会(全高長)は10日、文部科学省に延期を含めた制度の見直しを求める要望書を提出する。7月に実施方法の早期確定などを同省に要望していたが、十分な対応がされていないと判断した。

 愛知県の私立学校審議会は10日、名古屋商科大学などを運営する栗本学園(日進市)が申請していた全寮制高校の新設計画を認めた。同校は主に「高度外国人材」として来日する家族らの受け入れを想定し、授業は全て英語だ。企業が海外から人材を獲得する際に帯同する子どもの教育環境の不足が指摘されており、県内の大手企業から新設の要望が出ていた。

ぁ.優奪肇機璽咼垢竜淦長を支え、日々進化する人工知能。人間の仕事を奪うとの懸念も強いが、実はそのAIを機能させるために驚くほどの手間と労力がかかっている。そんな人工知能を裏で支えるゴーストワーカーが、世界にどのくらいいるかは不明だが、企業と単純労働の働き手を結ぶサイトは各国にある。世界銀行は15年に約580万人が登録していると報告した。最近では経済が破綻状態にあるベネズエラで自動運転のための情報が入力されているとの報道もあった。仕事は多岐にわたる。

全国で育児・家事支援サービスを展開するクラッシー(徳島市)は有名小学校の受験塾つくし会(東京・大田)と提携し、直営保育園に受験コースを導入する。10月に始まる幼児教育無償化で家計の保育料負担が軽減されるのを受け、オプションで選択できるようにする。11月に南青山校(東京・港)でスタート。来年4月には関西地区、徳島など全国で開始する。

Α〇匐,粒慘呂箜慘鬚蓮⊃討大卒かどうかといった「生まれ」でほとんど決まってしまう。おそらく多くの人がそのことに気づいているはずだ。本書は、幼児教育から小学校、中学・高校に至るまで、学校が生まれによる学力格差を確認し、再生産していくことを冷徹に浮き彫りにしていく。なかには、低偏差値の高校から一流大学に進む例外的な子供もいるが、そこでも「生まれ」による差がしっかり存在する。

お役立ち情報

2019年09月11日

 々盥撮嫁生の3割は宿題をのぞく1日の勉強時間がゼロと答えたことが文部科学省の調査で分かった。卒業後に進学を希望する生徒は勉強時間を長く確保する一方、就職希望の6割近くは、休日に授業の予習や復習などを全くしていなかった。望む進路によって、学習時間に差がついている状況が浮かんだ。

◆‐学校5、6年で英語が教科化されることを保護者の3割が知らない――。英会話教室のイーオン(東京)が7月、保護者約1200人に実施した子どもの英語学習に関する意識調査で、こんな結果が分かった。一方、21年度から中学の英語授業が英語で指導されることは64%が知らなかった。小中学校の英語教育の変化が保護者の間で必ずしも浸透していない様子がうかがえる。

 ミドル世代の社会人が学び直すリカレント教育にかける費用は男性よりも女性の方が多い傾向にあることが、人材サービス大手のエン・ジャパンの調査でわかった。同社は「女性は資格の取得など、結婚や出産などで左右されにくいキャリアにつながる学びへの意識が高い」と分析している。

ぁ(孤科学省は入試改革で導入する共通テストで「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」を問う方針だ。変化が速い21世紀に活躍するには、受け身ではなく自ら課題を見つけて解決する力が必要と判断したからだ。共通テストは選択肢から解答を選ぶマークシート式問題も深く考えないと解けない内容に変えるとしていたが、試行調査の問題とのギャップに高校の現場からは戸惑う声が漏れる。

 24年度は新学習指導要領で学んだ高校生が大学入試を受ける最初の年だ。文部科学省は本格的な入試改革の年になると位置付けるが、具体的な中身の議論はあまり進んでいない。英語民間試験などへの対応にてんてこ舞いだからだ。改革を2段階に分けたのはなぜか。工程表をまとめた当時の文科相、下村博文衆院議員は「(入試改革は)いつも『総論賛成・各論反対』で進んでこなかった。だから進められるものから進めようと考えた」と話す。

Α\古未希望する日時、場所で試験が受けられる見通しが、この期に及んで立っていない。2020年度に始まる「大学入学共通テスト」を受験する高校2年生は、新たに実施する英語の民間試験に不安を募らせている。全国高等学校長協会は「次年度のことなのに全く先が見通せないほどの混乱状況だ」と強い危機感を表明。試験が円滑かつ公平に実施されるよう文部科学省に求めた。現場からの重い問題提起だ。

「現在の入試は受験生に受験技術的学習を強い、高校以下の教育に大きな影響」「適切な出題で高校の正常な発展に寄与する」「2次試験では記述式、論文式などに留意」「多角的な資料による綿密な判定」……。これは最近の文書ではない。40年以上も前、共通1次試験の導入を控えた文部省(現文部科学省)の文書からの引用だ。キーワードはあきれるほどに今日も通用する。

─ゞ軌薀機璽咼慌饉劼英語指導を重視した学童保育を増やす。英会話教室大手のECC(大阪市)は2020年春から「日本語禁止」の学童保育を全国展開する。4年間で高校生レベルの英語力を目指す。学習塾のウィザスも20年3月までに現在よりも5割増やす。20年度から小学校で英語が正式教科になる。子供の英語力を高めたい共働き世帯などの需要を取りこむ。

お役立ち情報

2019年09月04日

 仝立小学校教員の人気低下に歯止めがかからない。東京都では今年の採用試験で、応募者数を採用者数で割った応募倍率が2.4倍と過去最低を更新した。他県でも深刻な応募者の減少が続く。新設教科やいじめへの対応に伴う負担増や長時間勤務を嫌う学生が多いとみられる。各地の教育委員会は教員の質の低下を懸念し、試験の負担軽減や「働き方改革」のPRに躍起だ。
 
◆(孤科学省は27日、2020年度から始まる大学入学共通テストで活用される英語の民間試験の情報をまとめたポータルサイトを開設した。6団体7種類の民間試験の実施方法や、大学の活用予定などを掲載した。実施方法などの確定や周知を求めた高校側の要望を受けたものだが、未定部分も残り、同省は試験の実施団体や大学に早期の対応を求めていく。

 大学入学共通テストに導入される英語民間試験の受験準備はこの秋から本格化する。試験自体に未確定の部分が多く、成績の利用の仕方も大学によって異なる。民間試験の受験には大学入試センターが発行する「共通ID」を取得する必要があり、高校経由で申し込む。 成績を合否判定に使うかどうかやその方法は大学次第。同じ大学でも学部によって異なることもある。

ぁ_撞戮潴世韻凌軍愆に登校するプレッシャーを和らげようと、子どもを支える地域の場が広がっている。NPOなどが寺やカフェなど気兼ねなく過ごせる場所の存在を知らせ、アプリで相談を受け付ける自治体もある。夏休み明け前後は子どもの自殺が増えがちだ。「学校がつらくても、ここに居場所がある」と呼びかけている。

ァ2021年1月に初回が実施される大学入学共通テストの検定料について、文部科学省は28日までに、現行の大学入試センター試験と同額の1万8千円(3教科以上)と1万2千円(2教科以下)に据え置く方針を固めた。国語と数学での記述式問題導入などで経費は増えるが、大学入試センターへの補助金で補い、受験生の負担を抑える。

Α‖膤愼試センター試験の後継となる「大学入学共通テスト」を運営する同センターや各大学に「書く・話す」を問うノウハウや設備は乏しい。そこで浮上したのが、「読む・聞く」を試す従来のマークシート方式を残しながら、「英検」や「GTEC」などの民間検定試験を活用する案だった。 異論は絶えない。「目的や性質が異なる試験の成績を比べたり、選抜に使ったりするのは無理がある」。6月には学者らが活用中止を求めて国会に請願書を提出した。

А2021年1月に初回が行われる大学入学共通テストの記述式問題を巡り、大学入試センターの委託を受けて採点業務を行う事業者を選ぶ一般競争入札の開札が30日にあり、ベネッセグループ傘下でテスト採点を手がける学力評価研究機構(東京・新宿)が落札した。落札金額は約61億6千万円で、委託期間は24年3月末まで。

─(孤科学省は入試改革で導入する共通テストで「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」を問う方針だ。変化が速い21世紀に活躍するには、受け身ではなく自ら課題を見つけて解決する力が必要と判断したからだ。共通テストは選択肢から解答を選ぶマークシート式問題も深く考えないと解けない内容に変えるとしていたが、試行調査の問題とのギャップに高校の現場からは戸惑う声が漏れる。