つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2019年07月31日

 _撞戮澆乏惺擦ら出される自由研究や読書感想文などの宿題は、子どもが主体的に取り組むのが理想だがなかなか難しく、親もどこまで手助けすべきか悩むところだ。日本能率協会(東京・港)が行ったアンケートでは、保護者の約9割が自由研究に不安を抱えている実情が浮かぶ。親はどういう立ち位置で臨めばいいのか。

◆。横娃横闇度に始まる大学入学共通テストで活用される英語の民間試験について、全国高等学校長協会(全高長、東京)が近く、受験機会の公平性を巡る疑問や不安が解消されていないとして、文部科学省に早急な対応を申し入れることが24日、分かった。大学入試の新制度導入が目前に迫る中で、高校側が強い懸念を表明するのは極めて異例だ。

 ニチイ学館の2019年4〜6月期の連結営業利益は前年同期と比べて約2倍の25億円程度になったようだ。同期間としては8年ぶりの高水準となる。不振が続いていた英会話などの教育事業と中国事業で整理・再編を進め、赤字幅を縮小させたもよう。介護事業で運営する老人ホームの稼働率が上昇し、採算性が高まったことも収益を押し上げた。

ぁ々島県を中心に学習塾「鴎州塾」を運営する鴎州コーポレーション(広島市)は24時間ジムの運営を始めた。少子化などの影響で生徒数が減るなか、校舎の空きフロアを活用して収入減を補う。追加の家賃や建物投資が要らない点を強みにする。生徒の保護者のほか、近隣住民らに入会を促す。7月に2カ所オープンしたのに続き、1〜2年で10カ所に広げる。

ァ ̄儻賁唄峪邯海粒萢僂鮟笋辰討郎乱が続いている。学識者のグループは6月、利用の中止を求め、約8千筆の署名を添えた請願書を衆参両院に提出した。複数の試験の成績を、一律に比べることは妥当ではないなどと指摘した。「英検」を実施する日本英語検定協会が2日に公表した申し込みの方法では、「予約金」をめぐって反発が広がった。

Α\仞邯宝達志水町は町内の企業と連携し、夏休み期間中に無料の中高生向け学習支援センターを開設する。現役東大生にチューターを依頼し、難関を突破した経験を踏まえて中高生の疑問点に答えたり、受験に関する相談に乗ったりする。同町初の試みで、高下栄次副町長は「東大生を身近に感じる機会を通じ、より広い視野で進学先を選ぶ意識改革を促したい」という。

Аヽ惺史/諭峽脹義塾」(東京都港区)は2020年度から、一貫教育校(小学校から高校まで)の学費体系と金額を改定する。慶応義塾高や慶応義塾志木高など7校で、20年度は5万3520〜11万1850円の値上げとなる。在校生の学費は卒業まで据え置く。

─‘試という制度をどうするかという問題は、ほんとうに難問だ。かくもややこしい「入試をどうするか問題」だが、迷走の根っこには、点取り競争になじんだ社会が「入試に出る問題」に目の色を変えてきた現実があろう。知識追求にばかり気を取られたり、反動で学力不問選抜に走ったり……。その後悔が改革の動機には違いないが、答えを書けぬままチャイムが鳴りそうなのである。