社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

すごい人

2017年09月22日

この事実を知って私は、昔6月に登った標高1721mの、北海道にある利尻山登山を想い出しました。登る高さは同じくらいで、6月といえども、8合目より上は吹雪で、前も見えない程でした。

すごい人

2017年09月21日

毎朝午前0時半に、おにぎりを2個だけ持ち、春でも氷点下となる山頂まで向かいます。足の爪は割れ、時には極限状態の中で、幻影を見たりするそうです。これらに打ち勝ち、氏は1999年に大峯山1300年の歴史で2人目となる満行を達成しました。

すごい人

2017年09月20日

そして23歳のとき、大峯千日回峰行に臨みました。これは、金峯山寺から24卆茲砲△觧馨絅岳頂上まで、標高差1355mの山道を往復48辧∪蘰歩き続けるという修行です。

すごい人

2017年09月19日

宮城県仙台市にある福聚山慈眼寺で住職をされている、塩沼亮潤さんという方をご存知でしょうか。氏は、小学5年のとき、テレビ番組で酒井雄哉師が挑んだ「千日回峰行」を知ったそうです。そして、「いつか自分も!」と思い、高校卒業後、奈良県吉野の金峯山寺で出家しました。

家庭菜園

2017年09月15日

母は、毎年毎年その結果を見て、「よし、来年こそもっとうまく収穫してみせる」と決意し、いろいろな工夫を凝らして次のシーズンに向かっていました。
その向上心や情熱が、長生きの秘訣だったのかもしれません。私もそれを見習って、畑作りの名人を目指していきたいと思います。

家庭菜園

2017年09月14日

家庭菜園をしていると、50代から90歳の手前まで、同じように家庭菜園をしていた母のことが想い出されます。畑作りは、毎年の気候や諸条件によって収穫が変わります。

家庭菜園

2017年09月13日

私の菜園では、インゲンなどの収穫が終わり、秋からの収穫に向けての種蒔きなどを始めました。 私は毎日、畑から少しずつ大葉やバジルの葉を摘み取り、それをサラダにして食べています。毎日とりたての野菜を食べることが、健康維持につながっているように思います。

残念な会社

2017年09月12日

また、お客への対応も前述のようでいいのでしょうか。少なくとも私は二度とそのブランドの店で品物を買うことはありません。
何かお客様からクレームがあったとき、会社がそれをどう受け止め、どういう対応をとるかということの大切さを痛感しました。

残念な会社

2017年09月11日

電話の後、自分がその会社の社長なら、どういうことを考え対応するだろうと考えました。その帽子は、炎天下で汗をかく条件下で使われることは自明です。なぜそれを分かっていながら、素材や染料を決めたのでしょうか。耐久性より、デザインやコスト優先だったのかもしれません。

残念な会社

2017年09月08日

1ヶ月近くたって、またその店員さんから電話がありました。やはり、汗をかいたまま帽子を洗濯しなかった私に責任がある、との返事でした。私は半分あきれて「分かりました」と引き下がりました。