社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

人間の「白目」はなぜ発達したのか?

2019年01月22日

ある誌面でこのタイトルを見て、私はとても驚きました。それは、「人間の白目がなぜ発達したのか?」などということについて、考えたことも聞いたこともなかったからです。
このタイトルをつけた文面は、京都大学の総長である山極壽一氏の講演のダイジェスト文に収録されていました。

『形容詞を使わない 大人の文章表現力』

2019年01月21日

△砲弔い討麓,里茲Δ妨世な僂┐討呂匹Δ任靴腓Δ。
◆.廛蹐療蠎蠅竜紊論犬埜ると、その速さや迫力に圧倒される。

この場合でも、「速さ」「迫力」「圧倒される」などの言葉を選び、それらを組み立てて文をつくることが求められます。これらの作業をすることで、「考える力」も鍛えられることでしょう。
子ども達の学年に関わらず、このようなトレーニングをさせることは、「考える力」や「語彙力」を増やすためにも、大切なことだと感じます。

『形容詞を使わない 大人の文章表現力』

2019年01月18日

例えば、,覆蕕仄,猟未蠅任后
 /祐屬梁里論差に作られている。

いかがでしょうか。このように表現すれば、「何がすごいのか」について正確に相手に伝えることができます。もちろんそのためには、頭をフルに使って、その「すごさ」にふさわしい言葉を探し、文をつくることが必要になってきます。

『形容詞を使わない 大人の文章表現力』

2019年01月17日

では、先程の 銑を聞き手や読み手にわかりやすく伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。それは、「すごい」という形容詞を使わず、その様子をもっと具体的な言葉を使って表現することです。

『形容詞を使わない 大人の文章表現力』

2019年01月16日

この 銑では、ただ単に「すごい」という言葉で、話し手の言いたい意味を伝えようとしています。しかし、聞き手にとっては「具体的に何がどうすごいの?」と思うことでしょう。
今はやりの「やばい」という言葉もそうですが、私も含め、どうも最近はありきたりの言葉でいろいろな場面をいっしょくたにして表現してしまいがちなのかもしれません。

『形容詞を使わない 大人の文章表現力』

2019年01月15日

先日、上記の本を読み、とても感動しました。私たちの日常会話では、次のような表現をよく使っています。
 /祐屬梁里呂垢瓦ぁ
◆.廛蹐療蠎蠅竜紊論犬埜るとすごい。
 今日は風がすごい。
このような表現は、会話では何とか通用しますが、文章表現の場合はどうなのでしょうか。

最近の赤ちゃんの名前

2019年01月11日

ちなみに私の名前は「実(みのる)」ですが、これは「作物の実る季節に生まれたことや、実り多い人生を歩んでほしい」との両親の願いが込められているようです。私はその名前をとても気に入っていますが、その名前は現代の感覚で言えば、かなり古くさいものなのかもしれません。しかし、よくよく考えてみれば、その感覚には、数十年以上ものずれがあるのですから、当たり前といえば当たり前のことなのでしょう。

最近の赤ちゃんの名前

2019年01月10日

2位は「芽依(めい)」、3位は「莉子(りこ)」です。女の子の名前では2音のものが人気だそうで、トップテンのうち6つが2音の名前でした。

最近の赤ちゃんの名前

2019年01月09日

男の子の名前では「陽」を使ったものが人気で、ベストテンの中に4つ入ったそうです。また女の子の1位は「陽葵(ひまり)」で、ここにも「陽」が使われています。

最近の赤ちゃんの名前

2019年01月08日

2018年11月にベネッセから、2018年に生まれた赤ちゃんの名前のランキングが発表されました。男の子の一番人気は「蓮(れん)」だそうです。2位は「陽翔(はると)」、3位が「陽太(ひなた)」です。